AppSheetは無料で使える?登録方法は?

AppSheetって何?

AppSheet とは、ノーコードでアプリケーションを構築できる開発プラットフォームです。

2020年の1月にAppSheetをGoogle が買収し、Google Cloud のサービスの一つになりました。

AppSheetは、ノーコードアプリ開発プラットフォームです。

コードを一切書かずにアプリが作れるノーコード。

AppSheetを使って、ノーコードでアプリを作り込んでいけます。

作業手順は、以下のようになります。

  • スプレッドシートなどにデータを準備
  • AppSheetがアプリを作成
  • 改善、調整、アクション追加しカスタマイズ
  • セキュリティー設定
  • アプリのテスト
  • アプリを共有

AppSheetを使用してノーコードでアプリを作り込んでいけるのが大きな特徴です。

AppSheetは無料で使える?

AppSheetは、無料で使えます。

AppSheetの価格は、現在は以下のプランがあります。

  • Premium: 1アクティブユーザーあたり$5ドル/月
  • Pro: 1アクティブユーザーあたり$10ドル/月
  • Business: 非公開

※価格は、今後、変更になる可能性があります。

AppSheetは、無料で使えるプランがあるので、無料で使うことができます。

無料では、オフラインでの使用不可、サインインでの利用不可などいくつかの制限があります。

練習用で使うのならFreeでも十分です。

まずは、Freeで始めて試してみるといいです。

AppSheetの登録方法は?

AppSheetは、英語表記ですが翻訳するといいです。

TOP画面を日本語翻訳してみるとこのようになっています。

上部にメニューがあります。

アプリを作成する方法、価格、サンプルアプリは上部から見ることができます。

初めて行うときは、上部のStart for free(無料で始める)をクリックします。

以下のアカウントからアクセスが可能です。

  • Google Sheets and Forms
  • Excel on Office365
  • Excel on Dropbox
  • Smartsheet
  • Salesforce
  • Excel on Box

AppSheetは、グーグルドライブ やオフィス365など様々なサードパーティサービスに標準で接続が可能。

(OAuth認証によってユーザー権限で各リソースへの接続許可を行います)

今回は、Googleアカウントでサインアップを進めていきます。

アカウントを選択します。

グーグルアカウントを選択します。

アクセスの許可を聞いてきますので、問題なければ許可をクリックします。

以上で終了です。エディタ画面に入れます。

ここからアプリ作成に入れます。

左上にはFREEと書かれており、無料で使えます。

AppSheetの登録はグーグルアカウントなどを持ったれば簡単に行うことができます。

ここでは、AppSheetの登録を行いました。

今後は、アプリ作成方法を紹介していきます。

AppSheetの管理画面の使い方【NoCodeツールの学習】

2020年9月30日

ノーコードツールはいくつかあるので、自分の興味があるものや作りたいものにあわせて選ぶといいです。


AppSheetの本や学び方はこちら

⇒ AppSheetの本
⇒ AppSheetでアプリ作成


ノーコードツールの種類はこちら

⇒ ノーコードをやってみたい!初心者には、Glide、Adalo、Bubbleどれがオススメ?

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です