ノーコードを学べるスクールや教材【独学ノーコード】

ノーコードを勉強したいとい持った時に探すのがスクールや教材。

「ノーコードを学べるスクールがあるのかどうか?」

「教材はあるのだろうか?」

ノーコードのスクールや教材を調べてみました。

ノーコードのスクールやサロン

確認時には、ノーコードのスクールはありませんでした。

でも、オンラインサロンがありました。

オンラインサロンもまだ少なめですが、いつくかありましたので紹介します。

NocodeCamp

Webサービスを作成するのを応援するサロン。(DMMオンラインサロン)

ノーコード専門のサロンです。

質問をして回答をするというスタイルです。

サロンメンバー
1ヶ月:5000円

イベントなども行われ、サロンメンバーの交流もあるようです。

大々的に行われているのは、「NocodeCamp」です。

⇒ Nocode Camp

ノーコードJAPAN

オンラインサロンです。

無料のコミュニティーです。

名前と電話番号とメールアドレスが必要で、Slackを使用します。

⇒ NoCode Japan

Nocode Forum

ノーコードのフォーラムです。

知識共有型で誰でも質問できるようになっています。

ノーコードツールのAdaloとBubbleについて投稿されています。

ノーコード博士が運営して、質問に回答しています。

日本で初めてノーコードアプリを売却したのがノーコード博士です。

⇒ No Code Forum

ノーコードの教材

いい教材があれば購入したと思い、ノーコードの教材を調べました。

ネットで一通り調べましたが、教材はありませんでした。

ノーコードがスタートしたのは最近で、日本でも「ノーコード」という言葉を聞くことが多くなりましたが、まだ一般的ではありません。

ノーコードはまだ出たばかりの技術で、このまま進んでいくかどうかが分からず定着するには、数年かかりそうです。

どのツールがメジャーになるのか、サービスが続くのか分からないため、教材というのはないのかもしれません。

メジャーなノーコードのツールはいくつかありますが、どれが残ってメジャーになっていくのかもわかりません。

現在メジャーなのは以下の4つが挙げられます。


まだまだ、今後も増えてくる可能性があるので、私自身はいつくかのツールを試しながら、独学で学んでいます。

プログラミングを知っていた方が、理解は深まりそうなので、プログラミングを学びながら、ノーコードも触っていく方が、この先有効だと感じます。

現役のプログラマーが、ノーコードを嫌っている傾向もあるので、二刀流で学んでいったほうが、今後の変化に対応できるかもしれません。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です