Shopifyの決済設定方法と手数料【ペイメント管理】

ノーコードでECサイトを作成できる「Shopify」

Shopifyを使えばノーコードでショッピングサイト作れます。

ここでは「Shopifyの決済設定方法や手数料」を紹介します。

Shopify(ショッピファイ)って何?

Shopify(ショッピファイ)は、ストアが作れるeコマース用のプラットフォームです。

ブログとショッピングが一緒になった感のECサイト作成サービスです。 Shopifyは、世界シェアNo.1のECサイト作成サービス

Shopifyの特徴はいくつかありますが、一番の特徴はプログラムコードが分からなくても使えること。

NoCodeで使用できるサービスで、入力や表示方法も簡易化され、初心者でも使いやすくなっています。

Shopifyはいくつかのテーマがあり、レイアウトによってテーマを選べます。

選んだテーマをカスタマイズして、自分の好みに仕上げられ、レイアウト、フォントスタイル、カラーなどを簡単に変更可能。手軽にECサイトを作ることができます。


ノーコードツールは英語表記のものが多いですが、Shopifyは、日本語対応しているので、使いやすいです。

Shopifyの詳細はこちら
⇒ Shopifyの特徴

Shopifyの決済手数料

Shopifyはクレジットカードの決済が可能です。

Shopify ペイメントを使用すれば、クレジットカード決済を行えます。

クレジットカード決済は手数料がかかります。

クレジット決済手数料:3.25%

決済手数料は、3.25%からで、カードにより異なります。

  • 国内のカード:3.25%
  • 海外発行のカード:3.9%
  • JCB:4.15%


※手数料は変更になる場合があります。

Shopifyの取引手数料はゼロなのでかかりません。クレジット決済手数料のみです。

この価格は、他の決済サービスと比較しても安めです。


クレジットカード以外に、Amazon Pay、PayPal(ペイパル)、KOMOJUなどもあります。

Shopifyの決済設定

決済設定は、管理画面の左下部にある設定をクリックします。

設定画面内の決済をクリックします。

決済の管理を行え、決済オプションが選べます。

決済サービスには以下のような項目があります。

  • Shopify ペイメント
  • PayPal(ペイパル)
  • Amazon Pay
  • 外部サービス
  • 代替決済方法
  • 手動の決済方法

まず、基本のShopify ペイメントの設定方法を紹介します。

Shopify ペイメント設定

Shopify ペイメントはアカウントの設定が必要です。

アカウントの設定は、会社情報、銀行口座の入力を行います。

会社情報や個人情報を入力します。

支払、受け取りに関する銀行口座を設定します。

最後にアカウントの設定を完了するをクリックします。

Shopify ペイメントの管理

Shopify ペイメントの管理は、右上の管理するをクリックします。

決済方法を選択でき、Shopify ペイメント以外の設定も行えます。

Shopify ペイメントを利用しない(外部決済サービスのみ利用する)場合、Shopifyの契約プランに応じて取引手数料が発生します。


代替決済手段を選択するをクリックします。

代替決済方法が表示されます。

利用可能な決済方法が表示され、他の決済を使用したい場合はここから設定します。

支払スケジュールの確認も決済の管理ページで行えます。

毎週日曜日締め、翌週金曜日の支払です。


今回は「Shopifyの決済設定方法」を紹介しました。

その他のShopify関連記事はこちら

⇒ Shopifyの特徴と料金プラン
⇒ Shopify(ショッピファイ)の登録方法と注意点
⇒ Shopifyのお問い合わせページの設定方法
⇒ Shopifyのブログ記事の追加方法と表示設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です