【Shopifyの特徴と登録方法】ノーコードのECサイト作成サービス

Shopifyって何なの?

Shopifyは、ストアが作れるeコマース用のプラットフォームです。

ブログとショッピングが一緒になった感のECサイト作成サービスです。

Shopifyは、世界シェアNo.1のECサイト作成サービス

Shopifyの特徴はいくつかあります。

まず挙げられるのは、プログラムコードが分からなくても使えること。

NoCodeで使用できるサービスで、入力や表示方法も簡易化され、初心者でも使いやすくなっています。

Shopifyはいくつかのテーマがあり、レイアウトによってテーマを選べます。

選んだテーマをカスタマイズして、自分の好みに仕上げられ、レイアウト、フォントスタイル、カラーなどを簡単に変更可能。

テーマは無料と有料があります。

有料のShopifyテーマは機能性やデザインが優れています(料金$180)


Shopifyの商品登録は、商品管理画面から商品を追加します。

店舗とECサイトの連動が可能で、アプリを入れると実店舗でも使用できます。


ノーコードツールは英語表記のものが多いですが、Shopifyは、日本語対応しているので、使いやすいです。

Shopifyは、コードを使用しなくても作成ができますが、HTMLのコードでの入力も可能。ブログも書けます。

より細かい調整を行いたいなら、HTMLを知っていた方が有利。


ドメインは、独自ドメインも可能です。

世界にひとつだけのサイトにしたい方は、独自ドメインで運用するといいです。

Shopifyの料金

14日間無料体験があります。

Shopifyの料金体系は3種類。

Shopifyの料金プラン

  • ベーシック:月29ドル
  • スタンダード:月79ドル
  • プレミアム:月299ドル


それぞれのプランの違いは、スタッフのアカウント数がベーシックは2人、スタンダードは5人、プレミアムは15人。

規模が大きくなると、費用も高くなります


また、SHOPIFYのペイメントはプランで異なります。

日本のオンラインクレジットカード手数料

  • ベーシック:3.4% + 0円
  • スタンダード:3.3% + 0円
  • プレミアム:3.25% + 0円

海外/AMEXのオンラインクレジットカード手数料、Shopify ペイメントを有効にせず他の決済サービスを使用する場合の追加料金もプランによって違います。

他には、レポートなども料金プランにより異なります。

Shopifyの登録方法

Shopifyは、14日の無料体験があります。

無料体験を行うには、メールアドレス、パスワード、ストア名、ストア URLの入力が必要です。

ECサイトを作ってみたい方や、ある程度ストアの形がイメージできている方は利用してみるといいかもしれません。

ツールの使い方やサービスが理解できます。


Shopifyは、他のECサイトと比較しても安めなので、ECサイトを作る方やコストを抑えたい方にオススメです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です