【Zapierの設定方法】エラーのメール通知設定

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールとZapierを連携することができます。

ここでは、「Zapierの設定方法」を紹介します。

Zapier

Zapier(ザピア)はオンラインサービスをツールを連携してくれるツールです。
⇒ https://zapier.com/

いろんな Web サービスを使っていて、それらのツール間の作業を自動で行いたい方に便利なツールです。


日本のサービスはまだZapierに登録されていないことが多く、使用できないですが、Google、Eメール配信サービス、チャットワーク、スラッグなどと連携できます。

GmailとGoogleのスプレッドシートを連携して、Gmailを送信してくれた人の名前や内容を自動で Google のスプレッドシートに記入したりということもできます。


他のサービスとも連携ができ、WordPressと連携させて投稿した記事を自動的に TwitterやFacebookに投稿することもできます。

連携できるツールを使用している方はぜひ使ってみてください。
Zapierの登録方法とGlideとの連携

Zapierの設定

Zapierの設定は、右上の青いアイコンから行えます。

settingsをクリックします。

【設定の内容】

  • My Profile:プロフィール
  • Email Notifications:電子メール通知
  • Advanced:高度な設定
  • Data Management:データ管理
  • Billing and Usage:支払い
  • Members:チームメンバー


それぞれの設定を行えます。

まずはプロフィール設定を紹介します。

My Profile(プロフィール)

プロフィール設定では、メールアドレス、パスワードの変更ができます。

スクロールするとTimezone(タイムゾーン)設定ができるので日本時間にするといいです。

設定したらSave Changesをクリックします。

電子メール通知

Email Notificationsでは、電子メール通知の設定を行えます。

一番上のActivity Summary(アクティビティーサマリー)は、アクティビティーの連絡です。

  • Never:通知なし
  • Daily:毎日
  • Weeky:週一

通知のタイミングは、3つから選ぶことができます。


Send Alerts on Failed Triggerは、不具合の起きた時の通知のことで、Zapが動作しなかった時の通知です。

Zapは、Zapierで作成した自動化ワークフローのことです。

<Send Alerts on Failed Trigger>

  • Never:通知なし
  • Repeated:繰り返し通知
  • Always:常に
  • Only Zapier Manager Trigger:トリガーのみ

デフォルトはRepeated(繰り返し通知)です。


Send Alerts Failed Actionは、Zapが失敗した時の通知のことで、動作が失敗した時に通知されます。

  • Never:通知なし
  • Repeated:繰り返し通知
  • Always:常に
  • Only Zapier Manager Trigger:トリガーのみ


デフォルトはOnly Zapier Manager Trigger:トリガーのみです。


下のEmailは、Zapierからのニュースレターの関する設定なので、必要に応じて設定してください。

Advanced:高度な設定

Advancedの設定は以下のようなものがあります。

  • Two-Factor Authentication:2段階認証
  • Authorized Applications:許可されたアプリケーション
  • SSL Certificate Checks:SSLチェック
  • Sign In With:サインイン
  • Delete my account:アカウントの削除


一番上のTwo-Factor Authenticationは2段階認証設定です。

セキュリティーを高めて2段階認証にしたい方は設定するといいです。


アカウントの削除はDelete my accountで行えます。

Billing and Usage

Billing and Usageは、支払いの設定が行えます。

無料から有料にしたいときなどはここから行え、クレジットカード、ペイパルで支払いが可能です。


Zapierは、無料で使うことが出来ます。

ただし、無料で使う場合は利用の制限があり5つまでしか作れません。


ここでは、「Zapierの設定方法」を紹介しました。

エディタ画面の使い方は別記事を参考にしてください。

⇒ Zapierの登録方法とGlideとの連携のやり方を解説
【Zapierの使い方】Gメールとスプレッドシートを連携する方法

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です