【Glide】Details(詳細)のスタイル設定方法

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここではGlideの使い方「レイアウトのDetails(詳細)の設定方法」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

Details(詳細)の設定変更

Glideにはレイアウトがいくつか設定されています。

レイアウトには、スタイルがあり右側の項目でレイアウトの変更可能。

レイアウトのSTYLE(スタイル)は8つのタイプがあり、選択ができます。


ここでは、「Details(詳細)」レイアウトスタイルの設定方法を解説します。

Detailsでは、細かい設定を自分で選択してカスタムが可能です。

Detailsを選択すると、中央の画面が指定のスタイルに切り替わります。


スタイルのDetails(詳細)の表示画面

Detailst(詳細)

Detailsでは、細かい設定ができます。

表示設定は、レイアウトのCOMPONENTS(コンポーネント)で行います。

COMPONENTSにあるものが、中央画面に表示されています。


COMPONENTSには好きなパーツを追加して表示ができます。

追加の方法は、右上の青い+をクリック。

追加ボタンをクリックすると、色々な追加アイテムパーツが表示されます。

この中から好きなパーツを選択して、表示に追加することができます。

アイテムには、GRIDとLISTがあり、表示方法が変わるので、探しやすい方を選択してください。

GRIDもLISTも内容は同じです。

追加したいパーツがあれば、選択してCOMPONENTSに加えます。

FEATURES

FEATURES(機能)では、2つの項目が設定できます。

  • FILTER
  • SORT

FILTER

フィルターではフィルターを追加することができます。

フィルターでは、プロパティに基づいて表示されるアイテムを制限します。

+Add Filterでフィルターを追加できます。

⇒ フィルタのかけ方「is not empty 演算子の使用方法」

SORT

ソートは並べ替えをすることができます。

Sort by Sheet order(シート順で並べ替え)の設定ができます。

選択してA-ZやZ-Aという順やランダムも可能です。

EDIT

ADD

上部のeditをクリックするとAllow user to editと表示されます。

チェックを入れるとCOMPONENTが開きます。

DELETE

□ Allow user to delete

チェックを入れると、項目を削除するボタンが表示されます。


COMPONENTSは、グライドがシートの列に基づいて、コンポーネントを自動的に追加し、タブのシートに書き込み・追加できることができます。


タブの追加方法や設定は別記事で解説していますので参考にしてください。

⇒ タブの設定方法


今回は、「レイアウトスタイルのDetails(詳細)の設定方法」を解説しました。

そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です