独自ドメインの取得方法【Glideなどのノーコードツール】

独自ドメインでノーコードアプリを運用したい。

そんな時には、独自ドメインの取得が必要になります。

ここでは独自ドメインの取得例を紹介します。

ドメインとは?

ドメインとはインターネット上の住所です。

ドメインは、https:// から始まる英数字です。(例 https://〇〇○○.com)


自分で好きな文字を組み合わせて作成したものを独自ドメインと呼びます。

(Glideでアプリを作成するとhttps://○○○○○.glideapp.ioとなります。)


このドメインを変えたい時は、独自ドメインを設定します。

独自ドメインにすることで、URLをわかりやすくしたり、覚えやすいURLにすることができ、集客面にメリットがあります。。

同一のドメインを取得することはできないので、世界で一つだけのドメインになります。

自分だけのオリジナルのドメインを作れます。

ドメイン取得サービスを使用すると、独自ドメインを作成することができます。

注意点として、Glideで独自ドメインを設定するには、Pro app(有料プラン)にする必要があります。

ノーコードでアプリやWEBサイトを作成する時も、独自ドメインを使用するできるツールがあります。

独自ドメインの取得方法

ドメインを使用したい場合はドメインを取得する必要があります。

まず、自分の欲しいドメイン名を決めます。

ドメインは、覚えやすく、わかりやすい名前にしたほうがいいです。

ドメインの中で、最後に表示される「com」や「jp」の部分をトップレベルドメインと言います。

選ぶトップドメインによって価格が変わります。

トップドメインは、「.jp」「.com」「.net」などが一般的で信頼性・認知も高めですが、使用目的、金額も考慮してトータルで判断してください。

どのドメインを選んでも、機能は変わりません。


ドメインの取得には、費用がかかり、ドメインは年契約が基本です。

ドメインは、以下のようなところで取得が可能です。

お名前.com
ムームードメイン
バリュードメイン


他にもドメインを取得できるサービスがあります。


ドメイン名は、3~32文字の設定ができ、サイトに関するものにするといいです。

誰かが取得していると取得できないため、ドメイン名の取得は早い者勝ち。

トップレベルドメインの組み合わせによって、金額が変わりますので、注意してください。

お名前.comの独自ドメイン取得例

ここでは、お名前.comのドメイン取得方法を紹介します。

まず、お名前.comにアクセスします。

お名前.com

取得したいドメインを入力し、検索をクリック。

ドメイン名を入力して、希望のドメインがあるかを確認します。

使用できるドメインが表示されます。

トップドメインによって価格が異なるので注意してください。

お申し込み内容・オプションの設定ができます。追加料金が発生します。


サーバーの選択があります。

Glideで使用する場合は、サーバーは必要ありません。


お名前.comのアカウント、IDを持っていない場合は作成を行います。

お名前.comを使用するのが初めての方は、メールアドレス、パスワードを設定してIDを取得します。他に、住所・名前などの個人情報の入力が必要です。

契約年数金額を確認して申し込みます。

お名前.comではWhois情報公開代行が自動で付いています。

お名前.comが代理となって登録者の個人情報を非表示にしてくれます。ドメイン保持者のプライバシーが保護できます。

取得するサービスによってWhois情報公開の選択がある場合、プライバシーが保護をしたい時は、Whois情報公開代行を有効設定にしてください。

支払いはクレジットカードの登録が必要です。

取得したドメインをサーバーにドメインを設置します。DNSレコードが必要になります。GlideではSSL化も行ってくれます。

注意点として、glideで独自ドメインを使用するにはPro appにする必要があります。
⇒ Glideの有料プラン(Pro app)への変更方法


今回は、独自ドメインの取得方法の例を紹介しました。

アプリ制作時の参考になればと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です