【ノーコードツールのメリットとデメリット】ツールの種類と選び方

アプリやWebサイトが簡単に作れる時代になりました。

ノーコードツールを使えば、プログラムの知識がなくても、アプリやWebサイトが作れます。

ノーコードは何なのか?メリットやデメリットは何なのか?ノーコードの疑問に答えます。

ノーコードとは?

「ノーコードって何なの?」

この部分から解説していきます。


ノーコードとは、その名の通りコードを使わないということです。

ノーコードなら、プログラミングができなくてもアプリの開発制作 Web サイトの制作を行うことができます。

最近では、ノーコードで使えるツールがたくさん出ています。

ノーコードと言ってもいくつかの分野があり、大きく分けるとこのようなツールがあります。

  • アプリケーション開発
  • Webアプリ開発
  • Web サイト構築
  • ECサイト構築
  • 音声アプリ開発


ノーコードツールは、作成するものによってツールを選ぶ必要があります。

例えば以下のようなツールがあります。

  • アプリケーションを開発に有利なBubble
  • Webアプリケーション作成に有利なAdaloGlide
  • Web サイト構築に有利なWebflowSTUDIO
  • ECサイト制作に強いShopify
  • 音声アプリ開発に使えるVoicefiow


このようにノーコードと言ってもその中でいろいろなツールが分かれています。

自分が何をしたいのか?何を作りたいのか?によって選ぶノーコードツールが変わってきます。


ノーコードツールを選ぶときは、どのようなものを作りたいのかを考えて適切なツールを選んでください。

まず自分の作りたいものを明確にして、ノーコードツールを選んでいくといいです。

特に、作りたいものが思いつかないけど、試しに使ってみたい方は、直感的に使えるGlideやAdaloがオススメです。

難易度が低いのはGlideです。

ノーコードツールのメリットは?

ノーコードツールには、たくさんのメリットがありますが、一番のメリットは、プログラムコードを知らなくても使えること。

コードを知らなくても作ることができるため、非エンジニアでも使えます。

プログラミングが必要なく、ハードルが下がり、プログラミングを学ばなくても使うことができます。

アプリ開発ツールを使用すれば、プログラミングが知らない初心者でもアプリ開発が可能。

そのほかにも、ノーコードツールには、いくつかのメリットがあります。

制作を短時間で作成できる。

スピードが速くやり直しや修正が行いやすい。

初心者でも使いやすい。バグも少ない。

制作金額を安くすることができる。多くのツールが無料で使えます。

ノーコードは、作りたいものが決まればすぐに取り組める

ノーコードツールのデメリットは?

ノーコードツールは、ツールによってできることとできないことがあります。

選択するツールによって作れるモノの制限があります。

選ぶツールによって、作れるものが決まってくるので、最初に作りたいものに合わせてツールを選ぶ必要があります。


操作方法はツールにより異なるので、使い方を学んだり、慣れる必要があります。

完全に自由に作れるわけではなく、ツールにより制限があるので自由度は狭くなります。

英語が中心で、日本語表記のものは少ないです。


ノーコードでもツールによっては、コードの知識がないと難しいものもあります。


また、本気で運用しようと思うと、色々考えることがあります。

セキュリティーやプラットフォームの信頼性などツールを提供している企業に依存してしまいます。

企業が使うには、越えるべきハードルがたくさんあるので、この部分は注意が必要。今後の流れによって変わってくると思います。


現段階では、個人のアプリ制作、システム開発に有効なのがノーコードツールです。

まとめ

ノーコードツールは増えていて、今後もアップデートが行われていくと思います。

そのため新しいノーコードツールがどんどん登場してくる可能性も高いです。

特に海外では積極的にM&Aも行われています。

それと同時に使いやすさ、操作性の優れたものが出てくるかもしれません。


ノーコードは、現段階ではまだ進化の途中のため、どう変化していくのかは謎の部分も多いです。

学びながらその変化に対応していくのが良さそうです

個人的には、ノーコードを使いつつ、プログラミングも少しづつ学んでいくのがベストだと思います。

まずはノーコードツールを使ってみて、何ができるのかをイメージしてください。

ノーコードツールなら、プログラムコードがわからなくてもアプリの制作ができるので、アィディアを形にしてください。

ノーコード以外にローコードもあります。

⇒ ノーコードとローコード

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です