【Adalo】楕円形を表示を表示できるEllipseコンポーネント

ノーコードでアプリ開発をやってみたいと思ったときにおすすめなのが「Adalo」です。

Adalo(アダロ)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリ製作が可能なツールです。

ここでは、「AdaloのEllipseコンポーネント」を紹介します。

Adalo

Adaloは、ノーコードで使えるアプリ開発ツールです。
⇒ https://www.adalo.com/

Adaloを使用するには登録が必要です。

登録方法やエディタ画面は別記事に書いていますので、下記の記事を参考にしてください
⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面

Ellipseコンポーネント

Ellipseは、楕円を入れることができるコンポーネントです。

アプリに楕円を入れることができます。

Simple COMPONENTの中に、Ellipseコンポーネントがあり、アプリに追加することができます。

Adaloのエディタ画面の+からコンポーネントを追加できます。

Simpleでは、以下のようなフォームとフィールドがあります。

  • Text
  • image
  • Ellipse
  • Rectangle
  • Line
  • Vector
  • Web View


Simpleコンポーネントの中にEllipseがあり、円を表示することができます。

ここでは、AdaloのEllipseコンポーネントを紹介します。

Ellipseコンポーネントの使い方

Ellipseコンポーネントは、円を入れることができるコンポーネントです。

ラインの太さ、種類を設定することができます。

設定では、円の色や線の形状を変更することができます。

【Ellipseコンポーネント設定】

  • Background:表示/非表示 カラー選択
  • Boder:表示/非表示 カラー選択
  • 太さ
  • 種類


線のカラーは、カラーチャートから選択できます。

ブランディングで選んだカラーは、下のパレットにあり選択できます。


枠の線のタイプを変更できます。

ここでは、太さを11にして、黒線を選択しました。

枠や色を付けると雰囲気が大きく変わります。


下の+ADD ACTIONでは、アクション設定を行えます。

クリックしたときのアクションを追加できます。

クリックした時に、他のスクリーンに飛ばしたりすることもできます。


下のEDIT STYLEをクリックすると、スタイルの詳細編集ができます。

【EDIT STYLE】

  • Fixed:Top、Bottom、None
  • Size:サイズ
  • Opacity:不透明度
  • Shadow:影


線の透明度や影をEDIT STYLEで変更できます。

線を削除したい場合は、上部の詳細からできます。

詳細の中にDelets(削除)があります。ここで作成したものを削除することができます。


今回は、「AdaloのEllipseコンポーネント」を紹介しました。

ノーコードツールのAdaloを使用する時の参考になればと思います。

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ Adaloのナビゲーションコンポーネント
⇒ YouTubeを表示するコンポーネント

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です