【Adalo】コンポーネントとスクリーンの追加設定【ノーコードツールの使い方】

ノーコードでアプリ開発をやってみたいと思ったときにおすすめな「Adalo」です。

Adalo(アダロ)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリの製作が可能なツールです。

ここでは、「Adaloのコンポーネントとスクリーンの追加設定」を紹介します。

Adalo

Adaloは、ノーコードで使えるアプリ開発ツールです。

Adaloを使用するには登録が必要です。

登録方法やエディタ画面は別記事に書いていますので、下記の記事を参考にしてください

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面

Adaloのパーツ追加

「ADD COMPONENT」と「ADD SCREEN」があります。

  • ADD COMPONENTはコンポーネントを追加です。
  • ADD SCREENは、画面を追加です。

ADD COMPONENT

コンポーネントを追加することができます。コンポーネントはパーツのことです。

  • Most Used:最も使用
  • Navigation:ナビゲーション
  • Lists:リスト
  • Buttons:ボタン
  • Simple:シンプル
  • Foem&Fields:フォームとフィールド

入れたいコンポーネートをドラッグアンドドロップします。

ここではSimple Listを追加してみました。

詳細は左側で変更できます。

ここでは、様々なパーツを追加することができます。

最初は、どのようなパーツがあるのかをチェックして、使ってみてください。

削除は青い矢印の部分から行えます

Deleteをクリックすると削除できますので、最初はいろいろ試してみてください。

ADD SCREEN

ADD SCREENでは、画面を追加することができます。

ADD COMPONENTはパーツのみですが、こちらはスクリーンとして組み込まれています。

ADD SCREENには、以下のような項目があります。

  • Simple:シンプル
  • Info:情報
  • Intro:イントロ
  • List:リスト
  • Misc:その他


新しく追加したい時はドラッグします。

スクリーンを追加することができます。

スクリーンに名前をつけて、新しいスクリーンを追加出来ます。

シートを追加してみました。

infoを追加して、画像もアップしてみました。

このようにスクリーンの追加がドラッグ&ドロップで行えます。

ここではコンポーネントやスクリーンを追加して、アプリの枠組みを作ることができます。

スクリーン同士を繋げる時はリンクを使用します。


(例)ここでは、Navigation(ナビゲーション)のTab Bar(タブバー)を入れてみます。

タブを下部につけて、タブのリンクを設定します。

左側に詳細設定画面が表示されるので、その中のTabを指定します。

Click Actions(クリックアクション)のLink(リンク)を選択して、リンク先を指定します。

指定したリンク先へ飛ばすことができます。

データを入力

「ADD COMPONENT」と「ADD SCREEN」は外観になり、表示するにはデータを入力する必要があります。

外観は左側のDatabaseからデータを書き込めます。

Dataを追加します。

CVSファイルをアップすることができます。

ドラッグ&ドロップでアップ可能。


データを追加してもエディタ上では変化しませんが、プレビューで確認すると反映されています。

このようにプレビューで反映されています。


今回は、「Adaloのコンポーネントとスクリーンの追加設定」を紹介しました。

ノーコードツールのAdaloを使用する時の参考になればと思います。

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面
⇒ Adaloのブランディング設定
⇒ Adaloの画像の入れ方
⇒ AdaloのSetting
⇒ AdaloのPublish設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です