【ノーコードAdaloの登録方法】メールアドレスとパスワードを準備。

ノーコードをやってみたいと思ったときにおすすめなのは「Adalo」です。

Adalo((アダロ))は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリの製作が可能なツールです。

ここでは、「Adaloの登録方法」を紹介します。

Adalo

Adaloに登録するには、Adalo – Build Your Own No Code Appにアクセスします。
https://www.adalo.com/

右上のSIGN UP(サインアップ)をクリックします。

Adaloに登録するには、メールアドレスが必要です。

  • メールアドレスを入力
  • パスワードは8文字以上。
  • フルネームの記載
  • 利用規約を読んだらチェックを入れます。


黄色のLET’S DO THIS!をクリックすると、アカウントの作成ができます。

次に、何を作るのかを聞いてきます。

プラットホームを選択します。

  • ネイティブモバイルアプリ
  • デスクトップWEBアプリ


どちらかを選択し、次をクリックします。

何を作るかを決めないと、先に進めません。

あとで削除したり、新しいものを作ったりできるので、とりあえずネイティブアプリを選択して進めていきます。

次はテンプレートを決めます。

テンプレートの中から選びます。

いくつかの種類があるので、作りたいものを選びます。(ここではTo-Do Listを選びました。)


Adaloのテンプレートの種類はこちらで紹介しています。
⇒ Adaloのテンプレートの種類


最後にブランディングです。

アプリ名を決めて、カラー配色を選びます。

  • アプリ名:好きな名前を入力
  • カラー:メインカラーを選択
  • セカンドカラー:補助カラーを選択


ここまで決めるとエディタ画面に行けます。

エディタ画面が表示される前に、2分間の概要ビデオが見れます。

初めての方は見てみるといいですが、必要ない方は、右上の×で閉じれます。

Adaloのエディタ画面が表示されます。

画面上には、選択したテンプレートが表示されています。

この状態からアプリを作成していきます。

一度登録すれば、次からは、ログインボタンからログインできてアプリの作成ができます。


今回は、Adaloの登録方法を紹介しました。

Adaloの使い方は別記事で解説します。

⇒ Adaloのエディタ画面の使い方
⇒ Adaloのテンプレート
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ Adaloのブランディング設定
⇒ Adaloの画像の入れ方
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ GlideとAdaloの違いは?

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です