【Adalo】テンプレートの種類【ノーコードツールの使い方】

ノーコードでアプリ開発をやってみたいと思ったときにおすすめな「Adalo」です。

Adalo(アダロ)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリの製作が可能なツールです。

ここでは、「Adaloのテンプレート」を紹介します。

Adalo

Adaloは、ノーコードで使えるアプリ開発ツールです。

Adaloを使用するには登録が必要です。

登録方法やエディタ画面の使い方は別記事に書いていますので、下記の記事を参考にしてください

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面

Adaloのテンプレート

テンプレートを使用するには、Adaloにログインして新しいアプリを作成するを選択します。

まず、はじめにプラットフォームを選択します。

  • ネイティブモバイルアプリ
  • デスクトップWebアプリ

ここではネイティブモバイルアプリを選択しました。

Template(テンプレート)の種類

次にテンプレートを選択します。

Adaloのテンプレートは、全部で7種類あります。

<Adaloのテンプレートの種類>

  • Blank:ブランク
  • To-Do List:やることリスト
  • Oedering:注文
  • Directory:ディレクトリー
  • Chat:チャット
  • Coaching:コーチング
  • Appointments:予定
Blank:ブランクは、一から作る方向けです。

To-Do Listテンプレート

To-Do List

To-Do List(やることリスト)のアプリを作成できます。

やることリストの使用例です。

To Doリストにやることを追加。

完了したらクリックをしてDoneに移動させます。

このようなシンプルなTo Doリストアプリを作れます。
⇒ To-Do Listテンプレート【やることリストのアプリを作成】

Oedering(注文)テンプレート

メールと電話番号を入力して、オーダーするアプリです。

ピックアップする日時と時間を指定して、商品をオーダー。

クレジットで支払ができるようになっています。

Directory(ディレクトリー)テンプレート

AdaloのDirectory(ディレクトリー)テンプレート

テンプレートは、DATE NIGTHT(デートの夜)というアプリで、雰囲気にあわせてデートコースを選べるようになっています。

アドバンチュール、アニバーサリーなどの項目があり、クリックすると詳細ページが開き、ロケーション、説明が書かれています。

お気に入り登録ができ、お気に入りのみを表示可能。

Chat(チャット)テンプレート

チャットテンプレートは、チャットができるアプリです。

メンバーとチャットをすることができ、メッセージのやり取りを行えます。


他には、Coaching(コーチング)、Appointments(予定)のテンプレートがあります。

独学ノーコード
一番シンプルなのは、To-Do List(やることリスト)のテンプレートです。初めてならTo-Do Listから試してみるといいと思います。

テンプレートの設定方法

使用したいテンプレートを選択してNEXTをクリックします。

次にBranding(ブランディング)設定を行います。

Branding設定ではまず、App Name(アプリ名)を入力します。

次に、アプリのカラーを決めていきます。

カラーチャートを使用して色を決めることができます。

カラーはあとで変更が可能です。

アプリのカラーを決めたらCREATEをクリックします。

Adaloのエディタ画面が表示されます。

もし、作成したアプリを削除したい時は、Settingsからアプリの削除が行えます。

Setting設定はこちら
⇒ AdaloのSetting


今回は、「Adaloのテンプレートの種類」を紹介しました。

ノーコードツールのAdaloを使用する時の参考になればと思います。

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ Adaloのブランディング設定
⇒ Adaloの画像の入れ方
⇒ Adaloのスクリーン設定
⇒ AdaloのDatabase設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です