【Adaloの公開設定】Android/iOS /PWAアプリ

ノーコードでアプリ開発をやってみたいと思ったときにおすすめな「Adalo」です。

Adalo(アダロ)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリの製作が可能なツールです。

ここでは、「AdaloのPublish(設定)」を紹介します。

Adalo

Adaloは、ノーコードで使えるアプリ開発ツールです。

Adaloを使用するには登録が必要です。

登録方法やエディタ画面の使い方は別記事に書いていますので、下記の記事を参考にしてください

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面

AdaloのPublish設定

エディタ画面の上から6番目がPublish(パブリッシュ)設定です。

Publishには公開という意味があります。

AdaloのPublishには、3つの設定があります。

  • Android App
  • iOS App
  • Progressive Web App


ここでは、これらの3つのPublish設定を紹介します。

Android App

Android Appは、Androidアプリです。

アンドロイドOSを搭載するモバイル端末向けのアプリケーションソフトを作るときは、Android Appで公開します。

注意点として、In order to publish your app, you must upgrade to a paid plan.と表示されています。

アプリを公開するには、有料プランにアップグレードする必要があります。

Adaloの有料プランの金額

adalo
価格は、年払いの方が20%安くなります。


<Adaloのプラン設定>

  • Free Plan:Free
  • Pro Plan:50$ /月
  • Business plan:200$/月

Pro Plan以上にするとGoogle Playでの公開が可能になります。

Google Playに登録するには、ディベロッパーアカウントを作成する必要があり、別途登録費用($25)がかかります。

iOS App

iOS Appは、iPhone、iPadなどで使用するアプリです。

iOS上で動作するアプリケーションソフトを公開するときはiOS Appを選択します。

注意点としてiOS Appも、In order to publish your app, you must upgrade to a paid plan.と表示されています。

アプリを公開するには、有料プランにアップグレードする必要があります。

<Adaloの金額>

  • Free Plan:Free
  • Pro Plan:50$ /月
  • Business plan:200$/月


Pro Plan以上にするとiOS Appでの公開が可能になります。

Progressive Web App

PWAは、プログレッシブウェブアプリのことです。

スマートフォンのホーム画面に保存できるアプリのウェブバージョンです。

PWAは無料で公開することができます。

Published Onの下にあるopenをクリックすると、AdaloドメインでPWAアプリを公開できます。

このような形でQRコードが表示されます。


無料プランでは、Adaloドメインを使用し、Adalo のブランド表記、アプリごとのデータ量が50行までです。

カスタムドメイン(独自ドメイン)を追加するには、有料プランにアップグレードする必要があります。

最終的には、Pro Plan以上で使用することになると思います。


また、Adaloは、アナリティクスとの連携も可能です。

エディタ画面の一番下にあるのがAnalytics(アナリティクス)です。


今回は、「AdaloのPublish設定」を紹介しました。

ノーコードツールのAdaloを使用する時の参考になればと思います。

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ Adaloのブランディング設定
⇒ Adaloの画像の入れ方
⇒ Adaloのスクリーン設定
⇒ AdaloのDatabase設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です