【Adalo】スクリーン設定【ノーコードアプリ作成ツール】

ノーコードでアプリ開発をやってみたいと思ったときにおすすめな「Adalo」です。

Adalo(アダロ)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリの製作が可能なツールです。

ここでは、「Adaloのスクリーン設定」を紹介します。

Adalo

Adaloは、ノーコードで使えるアプリ開発ツールです。

Adaloを使用するには登録が必要です。

登録方法やエディタ画面は別記事に書いていますので、下記の記事を参考にしてください

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面

Adaloのスクリーン設定

Adaloには、スクリーン設定があります。

左サイドメニューの上から3つ目がスクリーン設定です。

SCREENSでは、それぞれのスクリーンを設定できます。

  • Group:グループ
  • Home:ホーム
  • Login:ログイン
  • Screen:スクリーン
  • Signup:サインアップ


このようなスクリーンの設定があります。

一番下には、ADD SCREENがあります。

ADD SCREENからスクリーンの追加・設定を行えます。

スクリーン設定では、それぞれのスクリーンの設定が行え、全体の関係を確認しながら設定することが可能です。

ここでは、メインとなるスクリーンを紹介します。

サインアップ設定

Signupでは、Signupで使用されているパーツの設定が行えます。

  • Components:コンポーネント
  • Actions:行動
  • Available Data:利用可能なデータ


黄色の枠のパーツが左側に表示されます。

ボタンのアクション設定などを行うことができます。

Signup(サインアップ)のスクリーンの詳細設定が行えます。

ログイン設定

Loginのスクリーンを選択すると、ログイン画面のスクリーン設定が行えます。

ログイン画面のパーツ設定が可能。

同じようにボタンの接続先も確認できます。

ホーム設定

ホームのスクリーン設定が行えます。

アプリのホームとなるスクリーンの設定です。

表示パーツの確認・変更もでき、全体的な表示設定・構成を行えます。

使用されているパーツが表示されるので、左側で確認できます。


ADD SCREENからは、スクリーンを追加することもできます。

スクリーンやテーブルの選択が可能です。


スクリーン設定では、それぞれのスクリーンの設定をすることが可能です。

全体の位置関係を把握しながら、スクリーン設定ができます。


今回は、「Adaloのスクリーン設定」を紹介しました。

ノーコードツールのAdaloを使用する時の参考になればと思います。

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ Adaloのブランディング設定
⇒ Adaloの画像の入れ方
⇒ AdaloのSetting
⇒ AdaloのDatabase(データベース)設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です