Zapierの登録方法とGlideとの連携のやり方を解説

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、「Zapierの登録方法とGlideとの連携方法」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

Glideと連携できるZapier

Zapier(ザピア)はオンラインサービスをツールを連携してくれるツールです。

いろんな Web サービスを使っていて、それらのツール間の作業を自動で行いたい方に便利なツールです。


日本のサービスはまだZapierに登録されていないことが多く、使用できないですが、Google、Eメール配信サービス、チャットワーク、スラッグなどと連携できます。

GmailとGoogleのスプレッドシートを連携して、Gmailを送信してくれた人の名前や内容を自動で Google のスプレッドシートに記入したりということもできます。


他のサービスとも連携ができ、WordPressと連携させて投稿した記事を自動的に TwitterやFacebookに投稿することもできます。

連携できるツールを使用している方はぜひ使ってみてください。

Zapierの金額

Zapierの料金は有料もありますが、無料で使えます。

ただし、無料で使う場合は利用の制限があり5つまでしか作れません。

それ以上作成したい方は、有料で使用するといいです。

あまり使い込まない方は、基本的には無料で使うことができます。

Zapierの登録方法

Zapierは、グーグルアカウント、フェイスブックアカウント、マイクロソフトアカウント、Eメールでの登録が可能です。

ここでは、グーグルアカウントで登録を行います。

グーグルアカウントを選択します。

アカウントへのアクセス許可をすれば登録可能で、グーグルアカウントがあれば簡単に登録ができます。

Zapierの管理画面が表示されます。

左上の+ボタン(MAKE A ZAP)から、トリガーやアクションを決めて行くことができます。

例えば、Slackを連携してつくることもできます。

Slackのworkspaceのurlを入力すれば簡単に連携ができます。

Gmailを送ると行ったアクションを行ったりもできます。

ここでは、Zapierのトリガー、アクション連携方法などは割愛しますが、他のツール間の作業を自動で行えます。

GlideとZapierの連携方法

GlideとZapierを連携させることができます。

Glideの設定

GlideではセッティングページのIntegrationsから行えます。

Integrationsの右側に「Zapier API key」があるのでコピーをします。

Zapierの設定

ZapierのMy appsをクリックして、検索窓にGlideと入力して検索します。

下のAdd new connectionにGlideが表示されます。

Connectをクリックします。

GlideのAPI Keyの入力を求められます。

先ほどのGlideのAPI Keyをコピペします。

入力してYes,Continueをクリックします。

ZapierにGlideが追加されます。

Test connectionで接続をチェックします。


このような流れでGlideとZapierが接続できます。

GlideからGmailを連携させて、メールを送るといったことも可能です。

動画の説明は英語です。

ちょっと仕組みが複雑なので理解しにくいかもしれません。

連携の詳細設定は、今後のアプリ制作記事の中で紹介していきます。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です