【Glide】アプリのレイアウト設定のやり方【ノーコード】

最近、注目を浴びているノーコード(NoCode)

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

「ノーコードツール Glideのアプリのレイアウトを変えるにはどうすればいいのか?」

ここでは、Glideのアプリの外観レイアウトを変更する方法を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

ここでは、Glideのレイアウト設定のやり方を紹介します。

LAYOUT(レイアウト)

レイアウトを変更する場合は、左側のLAYOUT(レイアウト)から変更します。

レイアウトには、「LAYOUT」と「FRATURES」と「ADD」があり、上部で切り替えができます。

LAYOUTのSTYLE(スタイル)は8つのタイプがあります。

STYLE(スタイル)の種類

選択すると中央の画面が指定のスタイルに切り替わります。

アプリに合わせて選択してください。

その下にはデータがあります。

下のデータは選ぶデザインにより異なります。
  • Title(題名)
  • Detaile(細部)
  • image(画像)

オプション

□いくつかのアイテムのみを表示
□画像が利用できないときにタイトルを表示する

この部分は選ぶデザインにより異なりますので、それぞれのデザインで設定してください。

レイアウト内の詳細設定はこちらで解説しています。

⇒ レイアウトのスタイル表示を変更・追加する方法

FEATURES(特徴)

上部のタブをFEATURES(特徴)にします。

一番上にあるのが、SEARCHです。

□ Show search bar(検索バーの表示)

チェックを外すと検索窓がなくなります。

下のPlaceholder(プレースホルダー)は検索窓に表示させる文字です。

デフォルトでは検索になっていますが、変えたい方は文字を入力してください。


FILTER(フィルター)

フィルターでは、プロパティに基づいて表示されるアイテムを制限します。

+Add Filterでフィルターを追加できます。

フィルターをかける項目を選択します。

矢印の部分でフィルターを削除できます。

⇒ フィルタのかけ方「is not empty 演算子の使用方法」


SORT(並べ替え)

Sort by Sheet orderは、シート順で並べ替えです。

表示の順番を変えることができます。

選択してA-ZやZ-Aという順やランダムも可能です。


Group

グループ

Group by

Groupでは、グループ分けをすることができます。


INN-APP FILTER

INN-APP FILTERは、アプリ内のフィルターです。

フィルターをかける方法を選択します。

住所が入力されているので住所でフィルターをかけてみました。

画面の右上の矢印部分にマークが表示され、フィルターリングができます。


IN-APP Sort

IN-APP Sort は、アプリ内の並べ替えです。

このようなフィルタと並べ替えを行うことができます。


ACTION(アクション)

ここではクリックしたときのアクションを選択できます。

選択してアクションを決めます。

クリックしたときに選択したアクションを行います。

ADD(追加)

□ Allow users to add items

チェックをいれると、ユーザーがアイテムを追加できるようにできます。


ここではGlideのアプリの外観レイアウトを変更する方法を紹介しました。

そのほかのGlideの記事はこちらです。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlideの使い方【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です