【Glide(グライド)の登録方法】無料版と有料版の違いは?

ノーコードをやってみたいと思ったときにおすすめなのは「Glide」です。

初心者でも使いやすいので、気軽に始めれるのがGlide(グライド)

Glide(グライド)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツールです。

ここでは、「Glideの登録方法」を紹介します。

Glideの特徴

Glideは、簡単に言うと、ネイティブアプリみたいなもの。

細かい技術的なことがわからなくても、直感的にアプリを作ることができます。

Glideは、ノーコードなので、プログラミングは必要ありません。

ノーコード開発ツールのGlideは、プログラムコードを書かずにアプリが作れるのが大きな特徴です。

Glideを使用すれば、エンジニア以外の方でも簡単にアプリを作成することが可能。

Glideの登録方法

Glideの登録にはグーグルアカウントが必要です。

グーグルアカウントがない方は、Google アカウントの作成をしなければいけません。

Glideはスプレッドシートを使用するため、Google アカウントが必要です。

Glideを使うには登録が必要なので、まずGlideにアクセスします。

https://www.glideapps.com/

画面の右上の「Sign up」を選択し、アカウント登録を行います。

「Sign up」をクリックすると、グーグルへのサインアップが求められます。

「Sign up with Google」をクリックします。

Glide Appsの登録
Googleアカウントがない方はGoogleアカウントの作成が必要です。

まずはGoogleアカウントを使ってGlide Appsのアカウント作成をします。

アクセスを許可

Glide Appsは、Googleスプレッドシートをデータベースとして利用するので、Google Docsへのアクセスを許可する必要があります。

青い許可のボタンをクリックすると、Glideにサインアップが可能。

グーグルアカウントを持っていれば、非常に簡単に登録ができます。

Glideは無料で使える?

Glideは、無料で使えますが、有料版もあります。

プランは以下のようになっています。

  • Free app:$0
  • Pro app:$19
  • ORGANIZATION:$8


【Free app(無料アプリ):$0】
・個人は無料
・500データ行
・100MBのファイルストレージ

【Pro app(プロアプリ):$29】
・25,000データ行
・10GBファイルストレージ
・1,000の地理位置情報
・カスタムドメイン
・ブランドのログイン画面

【ORGANIZATION(組織):$8】
・組織用
・無制限のアプリと共同編集者。
・アプリユーザーごとの月額
 

使い方や目的によって価格が変わり、課金モデルがありますが、Glideは無料で使用することができます。

多くのデータを使用するには、Pro appにする必要がありますが、最初は無料アプリでいいです。

注意点として、Pro appは、年払いと月払いでは金額が違います。月払い:$29 年払い:$19(月換算)

※価格は今後変更になる可能性があります。

無料版と有料版の違い

無料(Free app)と有料(Pro app)で、大きく違うのはデータ量です。

  • シートデータは無料が500行に対して、プロは250000行。
  • マップも無料は10ピンに対して、プロは1000ピン。
  • ファイルストレージは、無料が100MBに対して、プロは10GB。

それ以外では、ブランディングの部分で、無料は’made with Glide’(グライドで作られました)と表示されます。プロは自分のブランド名が表示されます。

また、ドメインも無料は、glideapp.ioとなりますが、プロは自分のドメインになります。

有料(Pro app)は、グーグルアナリティクスでの分析も可能。

自分用のアプリなど簡易的なものを作るなら無料でも十分ですが、アプリ製作をやっていくと、どこかのタイミングで有料(Pro app)に切り替える必要があると思います。


特に、ログイン設定は制限があります。

⇒ Glideのログイン認証の設定

パスワードで保護されたパーソナルアプリは、一度に1人のユーザーのみの使用。


複数人で使うには プライベートプランにアップグレードする必要があります。

詳細はこちらの記事

⇒ 無料との比較と有料への変更方法

まとめ

プログラミングは非常に難しいイメージがあります。

アプリを作るのは難しくて、個人ではできないと思ってしまうかもしれません。

でも、Glideを使用すれば、手軽にアプリの製作も可能です。

Glideの登録自体はグーグルアカウントがあれば、非常に簡単ですぐに登録ができて使用することができます。

まずは触ってみて、どんなものなのかを体験してみるといいです。

Glideをゼロから始めるならこちらの書籍をチェックして見てください。アプリ制作の流れを解説しています。

Glideの使い方の記事はこちら

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ 初心者におすすめのテンプレート「簡単なタスク管理アプリ」

⇒ Glideの使い方【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です