ノーコードを1ヶ月使用した感想【特徴や注意点】

ノーコードってどうなんだろう?

ノーコードには、どんな特徴があるの?

素人がノーコードを使ってみた感想は?

ノーコードアプリ開発ツールを1ヶ月使用したので、感想や特徴を書いていきます。

ノーコード


ノーコードは、その名の通り、コードなしでアプリが作れるサービス。

バブルアダログライドなどといったツールがあります。


今回、上記の3つのノーコードツールを1ヶ月ほど使用してみました。

毎日ではなく、空き時間に使用し、3日に1回ほど「バブルのチュートリアルレッスン」を行いました。


ここではノーコードを使用して感じたことを書きます。

まず、ノーコードのメリットから。

<ノーコードのメリット>

  • コードを書かなくていい。
  • コードを覚えなくていい。
  • ドロップ&ドラッグで出来る


ドロップ&ドラッグでアプリ製作ができるので、タイピングが遅くても大丈夫。

ノーコードツールだけでアプリが作れ、非常に簡単に製作が行えるのが特徴。

ノーコードを使用した感想

ノーコードの謳い文句通り、コードの入力がいらない。

コードを覚えたり、勉強しなければいけない部分をスルーできる。


まずは、バブルのチュートリアルレッスンをいくつか試しました。

何が出来るのかよく分からないまま作業をやってみると、簡単なアプリが出来る。

同じ作業を繰り返すことで、どうなるのかがなんとなく理解できた。


本当ならコードが必要だが、条件付けの方法、ボタンを作る、動作をつけるといったことが選択だけでできる。

ドラッグ&ドロップでできるのでめちゃくちゃ楽。

Bubbldeと合わせて、Glide(グライド)も使用してみました。

Glide(グライド)

グライドを使用して簡単なアプリを作成しました。

何を作るか迷ったので、テンプレートを使用しました。

【Glide】初心者におすすめのテンプレート「簡単なタスク管理アプリ」

2020年10月2日

グライドは、テンプレートを使用すれ短時間でWebアプリが作れ、色を変えたり、デザインを変えたりも簡単。

グライドでは、グーグルスプレッドシートに書き込んで、データを呼び出せます。

一からアプリの構築したら、どれだけ時間がかかるか分からないが、ノーコードなら簡単にアプリが制作ができます。

Glideではノーコードでコードを書かずに、簡単にWebアプリを作れることが分かったのが一番の学びです。

ノーコードの注意点

Bubbleの条件付けは複雑なので、ある程度使いながら理解する必要がある。

一連の流れを図にしたり、頭で整理しなければいけない。

パワーポイントの作成に似ていて、表を繋げる、組み合わせるような感じ。

実践しながら、ノーコードのパーツの組み合わせを学ぶ必要があると言うことに気づいた。


ノーコードは簡単にできて、アプリを作ってもある程度は形になるのがいい。

ノーコードで挫折しやすいポイントは英語。


ノーコードツールは基本、英語表記。

全て英語という部分は、挫折の一つのポイント。

翻訳を使ったり、英語に慣れながらやっていくことが大事だと感じた。

ノーコードがもっとメジャーになれば、今後この部分は改善(日本語化)されるかもしれない。

ノーコードは、慣れていくと手順や流れが理解しやすいので、繰り返し続けてやっていくことが大事だと感じました。


チュートリアルレッスンや簡単なテンプレートを使用して製作してみるのがいいです。

Bubbleのチュートリアルレッスンの始め方。【ノーコード日本語解説】

2020年9月8日

ノーコードGlideの使い方【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

2020年9月18日

まずは、アプリが作れるという体験をしてみることが大事だと感じました。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です