AdaloのData Pickerコンポーネントの使い方

ノーコードでアプリ開発をやってみたいと思ったときにおすすめな「Adalo」です。

Adalo(アダロ)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリ製作が可能なツールです。

ここでは、「AdaloのDate Pickerコンポーネントの使い方」を紹介します。

Adalo

Adaloは、ノーコードで使えるアプリ開発ツールです。
⇒ https://www.adalo.com/

Adaloを使用するには登録が必要です。

登録方法やエディタ画面は別記事に書いていますので、下記の記事を参考にしてください
⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面

Forms&Fieldsコンポーネント

Forms&Fields COMPONENTは、フォームとフィールドを追加することができるコンポーネントです。

フォームとフィールドを追加することができます。

この中にDate Pickerコンポーネントがあります。

Adaloのエディタ画面の+からコンポーネントを追加することができます。

Forms&Fields COMPONENTは6種類あります。


この中に、Data Pickerがあります。

ここでは「Date Picker」の使い方を紹介します。

Date Picker(データピッカー)

Date Pickerは、データの収集ができるフォームです。

まず、Date Pickerコンポーネントをスクリーンに追加します。

Date Picker設定は、3つの設定があります。

  • Default Date
  • Style
  • EDIT STYLES


それぞれの設定を紹介します。

Date Pickerでは、カレンダーの表示はありません。

カレンダー表示をしたい場合はカレンダーコンポーネントを使用するといいです。

Default Date

Default Date設定

  • Current time:現在の時刻
  • Start of Today:今日の始まり
  • More:他の選択肢


Moreでは、さらに詳細設定を決めれます。


Style

Styleの設定

  • Date & time Picker :日付と時刻のピッカー
  • Date Picker:日付のピッカー
  • Date text input:テキストの入力


表示スタイルを変えることができます。

表示内容、スタイルを設定します。


EDIT STYLEでは、エディタ編集ができます。

サイズや文字サイズ、形状を変更できます。

このような流れで、AdaloのDate Pickerコンポーネント設定を行うことができます。


その他のForms&Fields COMPONENTはこちら。


Forms&Fieldsは、6種類あります


今回は、「AdaloのDate Pickerコンポーネント設定」を紹介しました。

ノーコードツールのAdaloを使用する時の参考になればと思います。

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ Adaloのナビゲーションコンポーネント
⇒ YouTubeを表示するコンポーネント

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です