【Adalo】サインアップ画面の設定【スタイル変更】

ノーコードでアプリ開発をやってみたいと思ったときにおすすめな「Adalo」です。

Adalo(アダロ)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリの製作が可能なツールです。

ここでは、「Adaloのサインアップ画面の設定」を紹介します。

Adalo

Adaloは、ノーコードで使えるアプリ開発ツールです。

Adaloを使用するには登録が必要です。

登録方法やエディタ画面の使い方は別記事に書いていますので、下記の記事を参考にしてください

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面

Adaloのサインアップ画面の設定

ここではサインアップ画面の設定を行っていきます。

  • Components:コンポーネント
  • Actions:アクション
  • Available Data


一番下には、EDIT STYLES(エディットスタイル)があります。

Components

Components(コンポーネント)には使用されている部品が表示されます。

画面には、フォームとボタンとテキストが使われ、3つのコンポーネントがありました。

  • Form:フォーム
  • Button:ボタン
  • Signup:サインアップ


ADD COMPONENTでは、コンポーネントを追加することが出来ます。

Actions

Actions(アクション)は行動です。

ユーザーがアクセスした時のアクションを決めれます。

Add ACTIONでは、アクション追加を行えます。

Available Data

Available Dataは、利用可能なデータです。

Add Manual Dataから手動でデータの追加も可能です。

サインアップのスタイル設定

スタイルを変更するには、Signupをクリックして左にSignupを表示させます。

EDIT STYLES(スタイルの編集)をクリックします。

スタイルの詳細設定が表示され、以下のような項目があります。

  • Size(サイズ)
  • Background(バックグラウンド)
  • Image(イメージ)
  • Status Bar(ステータスバー)
  • Reverse-scroll(リバーススクロール)


Sazeでは、サイズを変更することができます。

Background(バックグラウンド)は、背景色です。

ここでは背景カラーを変更できます。

カラーチャートから色を変更したり16進数を使用して変更が可能です。


Imageは画像で、背景を画像にすることも可能です。

ここではラーメンの画像をアップしてみました。

サインアップの背景が画像になりました。


Status Barではステータスバーの表示変更ができます。

ステータスバーは、4つの設定があります。

  • Auto:自動
  • Black Text:ブラックテキスト
  • White Text:ホワイトテキスト
  • Hidden:非表示


変更することで表示が変わります。

上部のステータスバーのカラーを変えたり、非表示にできます。

Reverse-scrollは逆スクロールでスクロールの方向が変わります。

このような形でAdaloサインアップ画面の設定が行えます。


今回は、「Adaloのサインアップ画面の設定」を紹介しました。

ノーコードツールのAdaloを使用する時の参考になればと思います。

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ Adaloのブランディング設定
⇒ Adaloの画像の入れ方
⇒ Adaloのスクリーン設定
⇒ AdaloのDatabase設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です