【Glide】コメント機能の追加と設定方法

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、「Glideのコメント機能の追加と設定方法」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

Glideのコメント機能

Glideでは、アプリ内でコメントを使用することができます。

コンポーネントにコメント機能があるため、詳細ページで使用するとアプリにコメント表示ができます。

コメント機能を使用すれば、アプリ内にコメントを残して管理することが可能です。

Glideのコメント機能の追加・設定方法

Glideのコメント設定を行う場合は、コメントコンポーネント(Comments)を使用します。

右側の+をクリックして、コンポーネントの中のエントリーフィールズを見ます。

エントリーフィールズにの中に、Commentsがあります。

Commentsをクリックして追加します。

追加して設定を行います。

Commentsの詳細設定を行えます。

上部には、「LAYOUT」と「FEATURES」があります。

  • LAYOUT:レイアウト
  • FEATURES:機能


FEATURESをクリックするとVISIBLITY(可視性)が表示されます。

Add Conditionをクリックするとこのように表示されます。

表示される画面

クリックすると、このような表示がされます。

VISIBLITYはセキュリティ機能ではないため、ユーザーごとに異なる機密データを表示する場合は使用しないでください。
詳細については、セキュリティセンターをご覧ください。

このように表示されているので、OKをクリックすることで使用可能になります。


DATAは、Topic(トピック)でシートを選択します。

Topic(トピック)にRow IDを使用すると、リストごとにコメントのデータを持たせることができます。

事前にコメントのシートを作成するといいです。


DESIGNのSort order(ソートオーダー)ではコメントの表示順を決めれます。

コメントの古い順か新しい順で表示するかを選択できます。

ソートオーダーの設定

  • Oldest first:古い方から表示
  • Newest sort:新しい方から表示


このような流れでアプリにコメント設定を行えます。

まとめ

Glideではコメントの表示が可能です。

コンポーネントの「Comments」を使用することでコメントの表示が可能です。


コメントを使用するには、ログインして使用します。

公開設定は、サインインの設定を行います。
⇒ サインイン設定


ログインをして、コメントを追加からコメントの入力ができます。

コメントを入力して投稿をクリックします。


今回は、「Glideのコメント機能の追加と設定方法」を紹介しました。

アプリ制作の参考になればと思います。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順
⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】
⇒ Glideの外観変更
⇒ Glideのログイン認証設定
⇒ GlideのアプリのTAB設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です