GlideのアプリのTAB(タブ)設定をする方法【タブのレイアウト】

最近、注目を浴びているノーコード(NoCode)

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、ノーコードアプリ開発ツール「GlideのアプリのTAB(タブ)設定をする方法」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

ここでは、GlideのTAB(タブ)設定のやり方を紹介します。

TAB(タブ)

TABは、内容を切り替える仕組みです。

タブを設定すると画面の下に、タブが表示され、クリックすることでタブページの切り替えが可能です。

TABを追加すると、画面下にタブアイコンを表示できます。

TABS(タブ)は、画面下の青い枠の所にアイコンと名前で表示されています。

(設定で、アイコンのみにすることも可能です。)

ここでは、タブを設置する方法を紹介します。

タブの設置

最初は1つタブがあります。

タブが1つのみの場合は、画面下には表示されません。

タブのシートをクリックすると、シートの設定ができます。


新しいタブを追加するには、右上の+ボタン(追加)から行えます。

矢印の+をクリックすると新しいタブが開きます。

タブを消したいときは、削除したいタブを選んで、ゴミ箱マークをクリック。

矢印のマークをクリックすると削除できます。


タブシートの設定には「LAYOUT(レイアウト)」と「FRATURES(特徴)」があり、詳細設定を行えます。

【LAYOUT(レイアウト)設定】

レイアウトでは、Label(ラベル)を変えることがきます。

アプリ画面の上部に表示されるラベル名が変わります。

表示する内容に合わせて、ラベル名を設定してください。


下のSource(ソース)では、表示するソースを設定します。

表示させるシートを選択してください。

タブで表示する、アイコンを変更することができます。

検索窓があるので、検索窓でキーワード入力をして、アイコンを探すこともできます。

たくさんのアイコンの種類がありますので、近いものを選択してください。

アイコンは有料(Pro)でないと使用できないものもあります。

タブページの設定

タブページの下の方には、MENE(メニュー)があります。

画面をMENUに配置して、ナビゲーションメニューに追加します。

ここのMENUにタブを入れるとハンバーガーメニューとして表示できます。
⇒ ハンバーガーメニューの設定方法


HIDDEN TABS

HIDDEN TABSは、非表示のタブです。

初期の表示では「Chat(チャット)」と「Shopping Cart(ショッピングカート)」がありました。

チャットを使用するには、ユーザープロファイルを追加する必要があるので、使用する場合は設定を行ってください。


チャットを使いたい方はこちらの記事を参考にしてください。

⇒ Chat(チャット)の追加・設定方法


ショッピングカートの使い方はこちら

⇒ 購入ボタン、ショッピングカートの設定と手数料


OPTIONS

□ Show tab labels(タブラベルを表示)

ボックスにチェックを入れるとタブの下にタブの名前が表示されます。

タブのアイコンの下に文字を表示したくない方は、チェックを外してください。


【FRATURES(特徴)】

VISIBLITYは可視性です。

VISIBLITYを有効にするには、ユーザープロファイルを構成しなければできません。

動画解説

GlideのTAB(タブ)ではこのような設定ができます。

Glideアプリでは、タブシートは重要なので、設定を行い使いやすいようにしてください。


今回は、GlideのアプリのTAB(タブ)設定をする方法を紹介しました。

そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です