Glideのアプリの外観を変更する方法【カラー、デザインの選択】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

Glideでアプリ作成中に「アプリのアイコンを変えるにはどうすればいいのか?」と悩むことがあるかもしれません。

ここでは、Glideのアプリの外観を変更する方法を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

ここでは、「GlideのAppearance(外観)設定のやり方」を紹介します。

Appearance(外観)

Appearanceでは、アプリ外観を変えることができ、色も変更することができます。

外観・カラーを変更するには、左側の設定(歯車)をクリックします。

右側のAppearance(外観)を選択します。

(右側のタブの切り替えで色々なセッティングができます。)

Appearanceをクリックして、上部のカラーでカラー調整ができます。

操作は、直感的に行うことができます。

カラーは、9色とカラーチャートから選択可能です。

カラーチャートでは、自分の好みの色を作り出すことが可能です。

カラー選択の下にあるのがTHEME(テーマ)です。

外観のテーマは6パターンあり、選択できます。

  • Light 光
  • Bold 太字
  • Pure Light 純正な光
  • Dark 闇
  • Bold dark 太字(暗い)
  • Pure dark ピュア(ダーク)

好みのテーマを選択してください。

その下のチェックは、デバイスのテーマに合わせるときのチェックです。

チェックを入れると自動的に変更されます。チェックを入れておけば問題ないです。

その下は、タイポグラフィです。

タイポグラフィ(typography)では、文字の体裁、フォント種類を整えてデザインを調整できます。

  • Modern モダン
  • Editorial 社説
  • Futue 未来
  • System システム

好みのものを選択してください。

最初は、System システムになっています。

一番下は、PRO App(有料)で選択できるタブレッドモードです。

タブレット/デスクトップモードでアプリを開くことを許可する選択ができます。

こちらを使用するには、有料になります。

有料プラン

  • Pro App:年間228$
  • Pro App:月29$

※ 金額は今後変更になる可能性があります。

このような流れで、Glideアプリの外観設定が行えます。

動画解説


ここでは、Glideのアプリの外観を変更する方法を紹介しました。

そのほかのGlideの記事はこちらです。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlideの使い方【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideで作る観光・旅行アプリ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です