Glideで数式を使用する方法【割引率の計算例】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、「Glideで計算式を使用する方法」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

Glideで計算式を使用する方法

Glideでは、数式を使用することが可能です。

Glideのカラムには計算式があります。

使用するのは、Add Columnの中のMathです。

このカラムを使用すれば計算式を用いることができます。


ここでは、サンプルとしてチケットの割引の価格を表示しようと思います。

使用するのはこちらのデータです。

シート内の金額と割引率を使用して、割引後の金額を表示します。


まず、注意点としてデータシート内の数字を統一しておく必要があります。

データのカラムをNumber(数字)にして、数字の表記にします。

次に、桁数や単位を決めます。


DisplayのPrecisionでは、どの桁まで表示するのかを決めることができます。

ここでは1桁にしました。


その下にあるのは、Use group separatorで、数値の後につける文字や単位を記入することができます。

割引率なので、単位は%にしました。

計算式を入力する前に、それぞれのデータの数値を調整するといいです。

形式が違っていると、正しく計算されないことがあります。

数式を入力

数式を入力するには、右上のプラスの追加をクリックし、Mathを選択します。

一番上にLabelがあり変更できます。

ここではLabelを値引後の金額にしました。


次にconfigurationに式を入力します。

  • + プラス
  • - マイナス
  • * 掛け算
  • / 割り算

上記のような数式が使えます。

ここでは、入場料の割引金額を計算するために、金額 – 金額 *(割引額 / 100 ) と入力しました。

(計算例)
1200ー1200 ×(10÷100)=1080

このように計算が行えて、計算後の数値が表示されます。

Replacementsでは、表記するデータを確認できます。


DisplayのPrecisionでは表示を変えることができます。

ここでは、どの桁まで表示するのかを決めることができます。

金額なのでここでは1を選択しました。

Use group separatorでは、数値の後につける文字や単位を記入することができます。

Units(単位)の部分に単位を入力することができます。

お金なので、単位を円にしました。

全てを入力をしたらDoneをクリック。

計算後の数字をアプリ内に表示することができます。

このように、金額から値引率を引いた価格を表示することができました。

この数値をアプリ内に表示することが可能で、他にもいろいろな計算を行うことができます。

動画解説


今回は、「Glideで計算式を使用する方法」を紹介しました。

アプリ制作の参考になればと思います。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です