【glideの使い方】アプリをスマホのホーム画面への追加する方法【アンドロイド編】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここではGlideの使い方「スマホのホーム画面への追加方法」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

スマホのホーム画面への追加方法

Glideは、アプリを作ったらスマホで読み込んで、ドンドン情報追加、改良していくことができます。

完成したアプリは、QRコードを読み込んだり、urlにアクセスしてアプリをスマホで起動できます。

ここでは、出来上がったアプリをスマホ(アンドロイド)で使用する方法、ホーム画面の追加方法を紹介します。

アプリの読み込みと追加

まず、スマホでQRコードを読み込みんでみました。

アプリのサインイン画面が表示されます。

パスワード設定している場合は、パスワードを入力してログインします。

アプリのログインがメールアドレス、PINコードになっている場合は、メールアドレスを使用します。

ログインはプライバシー設定によって変わります。

サインイン設定とプライバシーに関しては記事で解説していますので、別記事を参考にしてください。

⇒ サインインの設定


ログイン画面にパスワードを入力してアプリを立ち上げます。

無料で使用している場合は、「MADE WITH glide」と表示されます。

その後、アプリが立ち上がりました。

画面の下には「ホーム画面に追加する」の表示があります。

青色の枠の部分のホーム画面に追加するをタップします。

ホーム画面に追加の画面が表示されるので、追加をタップします。

このアプリは無料のスプレッドシートから作成されましたと表示されます。

この表示は、無料で使用していると表示されます。有料では表示されません。

ホーム画面にアイコンが追加されました。

ホーム画面

朝のルーティンというタイトルとアプリアイコンが表示されます。


このように、スマホのホーム画面にアイコンが表示されるので、アイコン作成はしっかり行ったほうがいいです。

アイコンに関しては別記事で解説しています。

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報


ここでは、ホーム画面から起動させてみました。

ホーム画面から起動しても同じように立ち上がります。

「MADE WITH glide」が表示され、アプリが表示されます。

アプリにログインできます。

このようにしてアプリを使用することができます。

アプリのアンインストール方法

アプリを削除したいときは、アイコンを長押しします。

アンインストールをタップします。

アプリがアンインストールされて、アイコンが削除されます。


このような流れで、アイコンをホーム画面に追加することができます。

ここで紹介したのはAndroid(アンドロイド)のスマホの場合です。

アイフォンは少し異なりますので、別記事で紹介します。

⇒ アイフォンでアプリをホーム画面に追加する方法


ここでは、グライドで作成したアプリをホーム画面へ追加する方法を紹介しました。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ 初心者にオススメのテンプレート

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です