【Glideのログイン認証の設定】パブリック公開、Email、パスワードなど。

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

「そのアプリを公開するときのログイン方法はどうすればいいのか?」

ここでは、Glideのログイン認証の設定方法を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

ここでは、「Glideのログインのプライバシー設定のやり方」を紹介します。

Privacy(プライバシー)

Glideではプライバシー設定ができます。

プライバシーでは、ログインの設定が可能。

ログイン設定をするためには、左側の設定(歯車マーク)をクリックして、右側の「Privcy」をクリックします。


デフォルト設定では「Public」です。

(設定はテンプレート、アプリによって異なります。)

Publicは、アプリを公開すると誰でも見ることができる設定です。

作ったアプリを限定公開にしたい場合は、設定が必要です。

この場合は、Glideのログインのプライバシー設定をすることで公開設定ができます。

まず、Glideで作成したアプリのログインは、Emailやパスワードの設定ができます。

プライバシーは、以下のような設定があります。

PUBLICとPRIVATEがあります。

<PUBLIC>

  • Public
  • Public with email

<PRIVATE>

  • Only I can sign in
  • Limit access by password
  • Limit access by email

まず、アプリの設定をPUBLIC(パブリック)かPRIVATE(プライベート)かを選択します。

PUBLIC設定

Publicは2種類あります。

Public:URLを知っていれば誰でも利用できます。
Public with email:Email:メール、グーグルアカウントを使用してログインが可能になります。

Emailは、入力後にPinが送信され、それをアプリ側に入力することで利用が可能になります。

グーグルアカウントを使用したい場合は、矢印の部分にチェックを入れてください。

Public with emailでは、グーグルアカウントでログインしたい時は、グーグルアカウントを許可するにチェックを入れます。(ユーザーがグーグル経由でログインできます。)

チェックを入れると、サインイン画面の下にグーグルアカウントでのログインが表示されます。

パブリックの場合は何も設定がありません。

PRIVAET設定

PRIVAETは3種類あります。

  • only i can sign in:自分だけがサインインできる
  • Limit access by pasword:パスワードでアクセス制限
  • Limit access by email:メールでのアクセス制限

only i can sign inは、自分専用です。個人的な内容で自分のために作る方はこの設定にします。

Limit access by paswordは、自分でパスワードを決めることができます。

下のスペースに表示されるパスワードや自分で書き換えてパスワードを変更することができます。

無料では、パスワードで保護されたパーソナルアプリは、一度に1人のユーザーのみの使用になり、複数人での使用ができません。

一度に一人のユーザーだけが使用できます。複数人にする場合は有料プランにする必要があります。


Limit access by email:メールでのアクセス制限は有料プランのみの設定です。

Privacy設定は、パスワード、Emailでログインをしようと思うと有料のプランに変更する必要があります。

有料プラン

  • Pro App:年間228$
  • Pro App:月29$

※ 金額は今後変更になる可能性があります。

Glideで本格的なアプリを作るには、有料プランを使用することになります。

⇒ Glideの無料と有料(Pro・Basic)の違い


最初は、Public、Public with emailを使用して、ログイン認証の設定などを必要に応じて変更して、本格的なアプリを作るときは有料契約をするといいです。


ここでは、Glideのログインのプライバシー設定のやり方を紹介しました。

ユーザープロファイルを作成するには、Privacyの設定が必要です。

アプリの使用目的に合わせて、プライバシー設定をしてください。


そのほかのGlideの記事はこちら

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlideの使い方【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ 【Glide】初心者におすすめのテンプレート「簡単なタスク管理アプリ」

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です