Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

ノーコードをやってみたいと思ったときにおすすめなのは「Glide」です。

Glide(グライド)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツールです。

直感的に使えて、初心者でも気軽に始めれるのがGlide(グライド)

ここでは、「Glideの画面レイアウト、簡単に使い方」を紹介します。

Glideのアプリダッシュボード画面

まず、Glideを使うには、登録が必要で、グーグルアカウントが必要です。

登録方法は別記事を参考にしてください⇒ Glideの登録方法

Glideにログインすると、アプリのダッシュボード画面が表示されます。

アプリダッシュボード画面はシンプルで、以下のような表示です。

上のキャプチャーが最初の画面です。

基本は英語表記です。日本語に訳するとこのようになっています。

アプリダッシュボード画面

左側に、apps(アプリ)、Billing(課金)、Referrals(紹介)があります。

その下の「Learn」は、使い方の動画などがあります。ただし、全て英語です。

「template」では、テンプレートをチェックしたり、プレビューを見ることができます。どのようなテンプレートがあるのかをチェックして見るといいです。

一番下の「Add Organization」は、組織で複数人で使う場合に使用します。

以上がアプリダッシュボード画面の解説です。

アプリ作成手順

アプリを作るには、Create Appをクリック。

クリックすると、「グーグルスプレッド」と「テンプレート」を選択できます。

ここでは、流れを理解するために、テンプレートを選択してみます。

用意されているテンプレートが表示されます。

いろいろなテンプレートがあります。

左側でジャンル、目的にあったものを探せるようになっています。

日本語表記すると、テンプレートはこのような分類がされています。

テンプレートは、有料のものと無料のものがあるので注意してください。

FREEとなっているのが無料です。

ここでは一旦、「Meal Plans」をクリックして開いてみます。

Meal Plansは、食事プランのアプリです。

テンプレートをクリックして、エディタ画面でテンプレートをいじれます。

画面左側のアイコン部分で切り替えを行います。

一番上がレイアウトです。右側で、リストにしたり、カード型にしたり変更ができます。

⇒ レイアウトの設定方法


レイアウトの下のスマホマークがタブの設定です。

下側のタブの位置や中身を変えれます。下の表示していないタブを追加することもできます。

タブをクリックして、中身を設定することができます。

タブ設定の詳細はこちらの記事を参考にしてください。

⇒ GlideのアプリのTAB(タブ)設定をする方法

⇒ タブをハンバーガーメニューに追加する方法


その下の黒っぽいマークがデータです。

クリックすると中のデータが表示されます。

⇒ GlideのDataとEdit sheetの使い方


その下の歯車マークは設定です。

歯車マークは、設定で外観デザイン、カラーやサインイン画面などを設定します。

アイコンを変更したりするのも設定で行います。

Setting(設定画面)

Settingの項目

サインインの設定もここでできます。

⇒ Glideのログイン認証の設定

左サイドの、下の方にあるペンマークのようなものがスプレッドシートです。

グーグルのスプレッドシートになります。

アプリの製作では、スプレッドシートの入力を多用することになるので、スプレッドシートに慣れるといいです。

最後にSHAREでアプリをシェアすることができ、公開条件をしてするとQRコードが表示されます。

このような流れで、テンプレートを使用して、アプリが作れます。

まず最初は、気になるテンプレートを開いてみて、どのようなことができるのかをチェックして、少しづついじってみるといです。

いろいろ触ってみることで、感覚的に理解できると思います。

思ったよりも簡単にアプリが作れることに驚くかもしれません。

⇒ 【Glide】初心者におすすめのテンプレート「簡単なタスク管理アプリ」


ここではアプリダッシュボード画面、テンプレートのエディタ画面の紹介をしました。

次の記事では、スプレッドシートを使用して、簡単なアプリを製作した流れを紹介します。

⇒ Glideの使い方【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ 料理日記アプリ

⇒ 旅行・観光アプリ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です