【Glide 】PINコードを使用したサインイン方法と設定

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、「GlideにPINコードを使用したサインインする方法」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

PINコードを使用したサインイン

GlideではPINコードを使用したサインイン設定が可能です。

PINコードは暗証番号です。

Glideをemailでサインインするように設定すると、メールアドレスにPINコードが送信されます。

メールに送られてきたPINコードを入力することで、アプリを使うことができます。

PINを使用してログインするまでアプリにアクセスできません。

ログインの管理をしたい時には、PINコードを使用したサインインを使用するといいです。

設定すると、PINを使用してログインするまでアプリにアクセスできませんが、その後は、再度サインインする必要はありません


通常のパブリック公開では、サインイン、PINコードの入力は必要ありませんが、With emailにするとPINコード入力が必要になります。

PINコードのサインインの流れ

まず、サインイン画面でアドレスを入力します。

入力したメールアドレスにPINコードが送信されます。

メールを確認します。

メールに記載されている番号を確認します。

アプリのPINコード入力画面に入力します。

PINコードを入力したらサインインをクリック。

アプリにサインインすることができます。

PINコードでのサインイン設定

PINコードでのサインインは設定が必要です。

まず、サインイン設定を行います。

左サイドバーの設定からPrivacy(プライバシー)をクリックします。

パブリックサインインの中の「Public with email」を選択します。

グーグルサインインも許可したい時は、オプションにチェックを入れます。

Allow sign in with Google accountにチェックを入れるとグーグルアカウントでサインイン出来ます。

設定すると、サインイン画面の下部にグーグルアカウントのサインインが表示され、グーグルアカウントでもサインインできます。

このような流れでサインイン設定を行えます。

設定すると、PINを使用してログインするまでアプリにアクセスできませんが、その後は、再度サインインする必要はありません。


今回は、Glideの「PINコードを使用したサインインする方法」を紹介しました。

アプリ制作の参考にしてください。


そのほかのGlideの記事はこちら。
⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順
⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編
⇒ Glideの外観変更
⇒ Glideのログイン認証設定
⇒ GlideのアプリのTAB設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です