【Glideでできること】ノーコードアプリの特徴と活用方法

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが簡単に作れます。

ここでは、Glideでどんなことができるのか「Glideの活用方法」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

Glideは、無料で登録して使用することができます。
⇒ Glideの登録

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツールです。

glideで作成するのはPWAのウェブアプリです。

PWAは、プログレッシブWebアプリケーションの略です。

モバイルアプリですが、ネイティブアプリのような感じで動きます。

PWAのアプリをノーコードで作れるのがGlideの特徴。


プログラミングが全く分からない初心者でも、アプリが作成できるのがGlide
です。

そのGlideを使って、何をしていけばいいのか?どのようなものが作れるのか?その疑問に答えていきたいと思います。

Glideでできること

ノーコードアプリのGlideを2ヶ月ほど使用してみましたので、その中での気づきをベースに書いていきます。

まず、Glideではビックリするぐらい簡単にアプリを作ることができます。

Glideにあるテンプレートを使用したり、シートを読み込んだりしてアプリは、簡単に作成可能。

プログラミングが分からなく、プログラム経験ゼロの自分でも、アプリの制作が行えました。それも驚くほどのスピードで!

Glideを使用して、実際にいくつかのアプリを練習で作成してみました。

簡単なのは、テンプレートを使用したアプリ作成です。

テンプレートを少しイジるだけでもアプリができます。

⇒ Glideのテンプレートでアプリ作成


Glideを使用すれば、短時間でアプリを作成でき、ノーコードアプリGlideはとても使いやすいということを感じれると思います。

次に考えることは、「アプリが簡単に作れるのは分かったけど、どうやって活用していけばいいのか?」という部分。

ここでは、Glideで作成したアプリの活用方法も書いていきたいと思います。


まず、Glideでできることは、テンプレートを見ていくと分かります。

テンプレートを見て、どのようなアプリが作れるかをチェックして見てください。

テンプレートの例

  • ガイドブック
  • 予定表
  • ブックノート
  • クラブ・チームメイト・従業員情報
  • 注文・支払いアプリ
  • ポッドキャストアプリ


様々なバリエーションがありますので、テンプレートでできることを見て、アプリ制作のイメージをするといいです。


中には有料のテンプレートもありますが、無料のテンプレートも多いので、どんなことができるのかをプレビューでみてチェックしてください。

注意点として、Glideは、自由自在にアプリが作れるわけではなく、シート、レイアウトスタイルは決められた中から選んで使うため、制限はあります。


ただ、その範囲内であれば、自由に作ることができます。

データの制限、機能はプランで異なります。

Glideには、無料プランと有料プランがありますが、無料でも十分使えます。
無料でも、データーは500まで使えます。


無料プランと有料プランの比較はこちら
Glideの無料プランと有料プラン

制限を解除したい方は、必要に応じて有料にしていくといいです。

Glideでできないこと

App Storeでアプリ公開ができません。

まず、Glideでできるのは、PWA(プログレッシブWebアプリケーション)です。

ネイティブアプリではないので、Glideで作成したアプリはApp StoreやGoogle Playでは公開できません。


Glideは、無料で使用できますが、データを増やすと有料プランになります。

無料で使用できるのは500行のテータと100MBまでです。

Google Anayticsや独自ドメインの使用は有料プランのサービースになります。


その他では、Glideで実装されていない機能は使えません。
⇒ Glideで投票アプリは作れる?

Glideの得意分野

Glideは、シート内の登録情報、内容を表示したり、検索して表示させるのが得意です。

アプリを公開すれば、QRコードとURLが発行されアクセスができ、データを仲間と共有するのに役立ちます。

例えば、旅行の計画を立てて、行く場所をリスト化して、必要な情報を詰め込んでアプリにして仲間と共有するといったことができます。

簡易的に旅行・観光アプリを作成しました。

⇒ Glideで旅行・観光アプリを作成

少人数の旅行のしおりみたいな感じで使えそうです。


他には、料理の作り方をデータ化して料理のレシピにしたり、追加して日記にしたりすることもできます。

⇒ Glideの料理日記


オープンデータを使用すれば色々なことができます。
⇒ オープンデータを利用してアプリ制作


アプリは個人的に使用したり、誰かにシェアしたりということも可能。


Glideでは、スプレッドシートをうまく作成すれば色々なアイディアでアプリが作成できます。

メンバー管理アプリも簡単に作ることもできます。

メールや電話番号の管理などもできますが、個人情報がある場合はセキュリティーに注意する必要があります。

Glideには、チャット機能もあるので、チャットを使用してコミニュケーションをとることもできます。

⇒ Glideのチャット機能


他に、Glideにはショッピングカート機能もあり、ショッピングアプリにすることも可能です。

この場合は、手数料はプランにより異なりますので、注意が必要です。

⇒ Glideのショッピングカートの使い方

有料プランにして、データー量や制限を無くしていくと、内容の充実したアプリを作っていくことも可能になると思います。


ただし、Glideで作成したアプリはApp Storeに対応するアプリではありません。

Glideで作成したアプリは、キャパがあるので大規模で使うには向いていません。


Glideは、アプリをサクッと作りたい方に向いているので、個人や少人数のチームで使用するアプリ制作が得意だと感じました。

アプリを手軽に早く作成できるので、アイディアをすぐに形にできる魅力的なノーコードアプリ開発ツールです。

無料で使用できるので、興味がある方は使用してみてください。
⇒ Glideの使い方


今回は、Glideのアプリでできることや使用方法を書きました。

Glideを使用したアプリ開発の参考になればと思います。


Glideに関する記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です