【Glide】チャット機能の追加・設定のやり方。アプリのパーツタブの表示方法

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここではGlideの使い方「チャット(Chat)機能の追加方法」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

Glideでは、チャット機能を搭載することができますので機能の追加方法を紹介します。

チャット機能を表示

Glideのチャット機能はタブの中にあります。

表示されていないタブの中に、「Chat(チャット)」と「Shopping Cart(ショッピングカート)」があります。

まず、チャットをタブの部分に持って行きます。

FEATURESをクリックします。

チャットを有効にするには、ユーザープロファイルを構成する必要があると書かれています。

ユーザープロファイルを設定します。

ユーザープロファイルの設定方法は、シートに名前、画像、メールのページを作り、ログインをパブリックではなく、mailなどにする必要があります。

プライバシーで公開範囲を設定します。

メールでログインを選択しました。

次に、Name(名前)、image(画像)、Mail(メール)をシートに書き込みます。

ユーザープロファイル設定の詳細はこちらの記事で書いていますので参考にしてください。

⇒ ユーザープロファイルの設定方法

設定が終わったら、ログインをします。

名前を入力します。

メールアドレスを入力します。

メールアドレスに送られてくるPINコードを入力します。

PINコードが届くのは少し時間差があります。

これでチャット機能が使えます。

チャットの入力画面。

メッセージを書き込んでみます。

このような感じで、名前と書き込みが表示されます。

注意点として、チャットは個別チャットはできません。

表示は、全体のチャットにそれぞれの名前で書き込みが可能です。


書き込んだデータやユーザー名などはスプレッドシートに書かれています。

App Loginsには、ログインデータが記載され、AppCommentsにはコメントが記載されています。

動画解説


今回は、Glideのチャット機能を紹介しました。

チャット機能は、複数のやりとりに使えるのでうまく活用してください。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です