Glideに画像をアップロードする方法【NoCode日本語解説】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここでは、Glideに画像をアップロードする方法を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

ここでは、「Glideに画像をアップロードする方法」を紹介します。

Glideへ画像をアップロード

グライドでは、WEBから画像を追加したり、パソコン・スマホから画像をアップロードできます。

アップロードできる画像の容量は決まっていますが、無料でアップロードが可能です。

Free app(無料アプリ)では、100MBのファイルストレージがあります。)


アップロードは、画像をドラッグしてアップする方法と、データエディターの列に画像をアップロードする方法があります。

画像をドラッグしてアップする方法

レイアウトでは、画像をアップできるレイアウトがあります。

TilsとCardsといった画像の表示できるゾーンがあるレイアウトには、画像をアップすることができます。

アップロード方法は、ドラッグ&ドロップです。

画像を移動させるとアップロードできます。

アップロード後の画像設定もできます。(画像設定はDetailsと合わせて解説します。)

他には、レイアウトのDetails(細部)からもアップできます。

Detailsで、右上の+マークをクリックします。

この中のMEDIAの中のImage(画像)を選択します。

COMPONENTSに、Image(画像)が追加されます。

画像はドラッグ&ドロップで表示させることができます。

車の画像をアップしてみました。

画像の細かい設定は右側で行えます。

Image heightでは画像の高さを変えることができます。

正方形、長方形、1:1などサイズの選択が可能です。

その下のFillでは、画像の表示をエリアを埋めるか全体表示かを選べます。

画像の表示を、Fill the area(エリアを埋める)かShow the whole image(全体表示)かを選べます。

その下ではスタイルを選択できます。

隅々までか、コンテンツのはめ込みかを選択できます。

Edge to edge(隅々まで)か、Inset with content(コンテンツのはめ込み)かを選択できます。

Crop Behavirでは、顔かセンターかを選べます。

表示する画像にあわせて選択が可能です。

データエディターから画像リンクをアップロードする方法

ドラッグ&ドロップ以外に、シートにimageに追加しアップすることができます。

スプレッドシートを選択します。

スプレッドシートにimageと画像のリンクを追加します。

読み込んでプレビューします。

表示するのを「image」を選択すると、画像を表示できます。

このように、スプレッドシートから画像をアップすることができます。

自分のファイル画像をアップする場合は、グーグルドライブやドロップボックスにアップして、共有リンクを取得し、リンクをコピーするのがいいです。

Glideで認識するのは 、JPG、PNG、SVGです。

今回は、Glideに画像をアップロードする方法を紹介しました。

アップロードには、2つのパータンがあるので状況に合わせて選択してください。

画像を複数枚の画像を表示する場合はこちら

⇒ 画像をスライド表示にする方法

動画解説

そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です