Glideで絵文字を表示させる方法【ノーコードツールでアプリ制作】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、「Glideで絵文字を反映させる方法」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

絵文字を反映させる方法

Glideでは絵文字を表示させることが可能です。

グーグルスプレッドシートに絵文字を入力することができ、アプリに反映できます。

その絵文字をGideに読み込んで、絵文字を色々な所に反映させることが可能です。

ここでは、Glideの絵文字の設定方法を紹介します。

まず、グーグルスプレッドシートに絵文字を記入します。

シートに入力

絵文字は、使用しているIMEによって表示が異なります。

IMEは、文字入力をサポートするソフトウェアのことです。

IMEの種類によっては、カラーで表示されないものありますので注意してください。


ここでは、よく使用することが多い「スターマーク」と「ハートマーク」を使用してみます。

評価にスター、おすすめにハートマークを記入しました。


スプレッドシートをGlideで読み込み、Dataで確認しました。

data

dataで確認してみると、同じように反映されています。

上部のカラムの表示は絵文字になっています。(Column Type Emoji)


次に、タブの詳細ページに絵文字を表示してみます。

右上のプラスボタンをクリックしてパーツを追加します。


ここでは、絵文字を表示するため、アクションテキストを追加します。

アクションテキストを選択して、パーツに追加します。


アクションテキストの設定ページを開きます。

DATAのTextのシートを選択をします。

Textには、表示するものを選択します。

絵文字の評価を表示したいので、評価を選択します。


次に、同じようにおすすめ度のハートマークも選択します。

必要に応じて並べ替えを行います。

このような形で、アプリに絵文字を表示することができます。


今回は、Glideで絵文字を反映させる方法を紹介しました。

アプリ制作時の参考になればと思います。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です