【Glide】余白スペースを追加する方法

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、「Glideに余白スペースを追加する方法」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

Glideに余白スペースを追加

Glideのアプリ内に余白を追加したい時があるかもしれません。

例えば、上の画像のように、文字と画像の間に余白を入れたいような場所です。

余白を入れると、文字と画像の隙間を作ることができ、アプリのページを見やすくすることができます。

上下に余白(スペース)を入れて間隔を調整したい時の設定方法を解説します。

余白スペースの設定方法

余白を作るには、Separeater(セパレーター)を使用します。

Componentsをクリックして、コンポーネントを追加します。

セパレーターは、コンポーネント内のLAYOUTから追加することが可能です。

Separeater(セパレーター)を追加します。

【SeparatorのLAYOUT設定】

Spacing

  • Default
  • Small
  • Medium
  • Large


□ Show Lone divider

Show Lone dividerにチェックを入れると、ラインが表示されずにスペースのみが表示されます。

スペースを入れたい場合は、Show Lone dividerにチェックを入れます。


FEATURES設定

VISIBILITY(表示方法)

ここでは、表示方法の設定が行えます。

Set conditions for when the component should be visible(コンポーネントが表示されるタイミングの条件を設定します)

Separatorは、余白スペースとして使用するので、VISIBILITYの設定は必要ありません。

余白スペースを追加のまとめ

Glideでは、コンポーネントのSeparator(セパレーター)を使用すると余白スペースを作ることが可能。

セパレーターの詳細設定では、余白のサイズや線のあり/なしの設定が行えます。


この記事で紹介したように、セパレーター設定で上下に余白を作ることが可能です。

左右の余白は、右寄せ、中央、左寄せで調整ができます。

今回は、「Glideに余白スペースを追加する方法」を紹介しました。

アプリ制作の参考になればと思います。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順
⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】
⇒ Glideの外観変更
⇒ Glideのログイン認証設定
⇒ GlideのアプリのTAB設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です