【Glide】Hint(ヒントコンポーネント)の設定方法

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

そのGlideのアプリ表示を変えれるHintコンポーネントがあります。

ここでは、「GlideのHint(ヒントコンポーネント)を設定する方法」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです ⇒ Glide

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

GlideのHintコンポーネント

Hint(ヒント)コンポーネントは、テキスト文字に関するコンポーネントです。

Hint componentは、2021年1月に追加されたコンポーネントです。

Hintコンポーネントは、アプリの文字テキストに背景色をつけて表示することができます。

表示デザインは、デフォルトを含め5種類あり、アプリに合わせて使うことが出来ます。

Hintコンポーネントの設定方法

Hintコンポーネントは、コンポーネントから追加します。

右上の+ボタンをクリックしてコンポーネントの追加を行います。

Textの中にある「Hint」をクリックします。

Hintの詳細設定を行います。

DATA設定

  • Title:タイトルを入力
  • text:テキスト文を入力


DATAのタイトルとテキストを入力します。入力したものがそのまま反映されます。


OPTION設定

OPTIONSでは、Moodを選択できます。

Moodは、5つの中から選択可能。

  • Default:デフォルト
  • Neutral:ニュートラル
  • Success:サクセス
  • Warning:ワーニング
  • Error:エラー


Hintを使用すると、アプリの表示にアクセントをつけることができます。

表示内容に合わせてMoodを選択すると、よりアプリにマッチします。

アプリの外観カラーと合わせて、Moodを選択するといいです。


Glideのその他のコンポーネントはこちらの記事を参考にしてください。
⇒ Glideのコンポーネントの種類


今回は、「GlideのHint(ヒントコンポーネント)を設定する方法」を紹介しました。

そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順
⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編
⇒ Glideの外観変更
⇒ Glideのログイン認証設定
⇒ GlideのアプリのTAB設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です