Glideのユーザープロファイルの設定方法。

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここではGlideの使い方「ユーザープロファイルの設定方法」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

ユーザープロファイル

Add column

Glideでは、ユーザープロファイルを使用すると、ユーザーに関するデータ(名前、電子メール、画像など)が存在する特定のテーブルを選択できます。

ユーザープロファイルは、個々のユーザーデータをまとめたもので、複数の人が使用できるシステムです。

ユーザープロファイルテーブルを設定すると、そのデータを使用した反映ができます。

使用するユーザーによって表示を変えることが可能です。

例えば、このようにログインしているユーザーの名前やメール、アバターを表示することができます。

テータを使用して管理することができますので、パーソナルデータなどを扱う時には設定が必要になります。

逆に、シティガイドなどのオープンな情報を扱う時は、ユーザープロファイルテーブル必要しなくても大丈夫。ユーザープロファイルは、状況に応じて使用します。

ユーザープロファイルテーブルの設定方法

ユーザープロファイルを使用するには設定が必要です。

ユーザープロファイルを設定するには、アプリで「メールで公開」、「許可されたメールリスト」を使用する必要があります。

Publicでは、表示することができません。

まず、設定のPrivacyでサインインの設定します。

Publicでは、表示することができないので、ここでは、メールでのサインイン「 Public with email」を選択します。

次に、サインインの設定をするために、データに名前、メール、写真の列を持つテーブルを作成します。

デフォルトでは、ユーザープロファイルテーブルは設定されていません。

シートにName、image、Mailを書き込みます。(テンプレートをベースにしている方はデータを書き換えてください)

ここで記載されているメールアドレスでサインインをするので、メールアドレスが重要です。


次に、アプリのメニューを開き、[サインイン]をクリックします。

右側のパネルにユーザープロファイルが表示されるので、User Profile(ユーザープロフィール)を設定します。

DATAの設定を行います。

Sheetを、ユーザーの書かれているシートを選択し、列に接続します。

DATA

  • Name:名前
  • Mail:Eメール
  • Image:画像

それぞれを設定します。

Mail:シート内のメールに設定します。

設定を行うと、ログイン時には、画像、名前、アドレスが表示されます。

見え方は、サインインとサインアウトでは異なります。

サインイン前と後ではこのように変化します。

画像、名前、メールアドレスが表示されるので、ログイン状態が確認できます。

ユーザープロファイルテーブルを設定することで、タブなどでユーザープロファイルの制限があるものも使えようになります。(チャット機能など)

他には、条件を編集して、アプリでユーザーにさまざまなレベルのアクセス権を付与することもできます。

ユーザーテーブルにプロパティを追加して、コンポーネントの表示と非表示を切り替えることも可能。

そうすることで、一部のコンテンツを一部のユーザーに表示し、他のユーザーに非表示にすることができます。

条件の編集は別記事で解説します。


ここでは、「ユーザープロファイルの設定方法」を紹介しました。

そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です