【Glide】タブの管理方法。タブをハンバーガーメニューに追加【NoCodeアプリ製作】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここではGlideの使い方「タブが増えてしまった時の管理やタブをハンバーガーメニューに追加する方法」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。
⇒ Glide

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。
⇒ Glideの登録

タブの管理

グライドのタブ

アプリの画面の下部分にあるのがタブ(TAB)です。

タブは、簡単にページを切り替えることができ、アプリの使いやすさに繋がります。

アプリでタブをうまく配置することは大事ですが、増えてしまうと逆に使いにくくなることがあります。

タブは複数使用・追加ができますが、増やしすぎないようにすることも大事です。
⇒ タブの設定方法

ここでは、タブが増えてしまった時の管理やタブを紹介します。

ハンバーガーメニュー

タブは、画面の下側に表示されますが、増えると見映えが悪くなり、使い勝手も低下。

タブの表示は、4つぐらいまでが使いやすく、見た目もいいです。

もし、それ以上にタブを作りたいときは、タブををナビゲーションメニューに入れるといいです。

ナビゲーションメニューは、画面の左上にあるメニューのこと。

メニューのアイコンがハンバーガーのような形をしているので、「ハンバーガーメニュー」とも言われます。

タブが増えたときは、ハンバーガメニューにタブを入れるといいです。

タブをハンバーガメニューへ入れる方法

ここでは、新しくタブを作ってハンバーガーメニュー(ナビゲーションメニュー)に入れます。

タブを追加をクリックして、新しくタブを追加します。

ここでは、追加したタブをハンバーガーメニュー(ナビゲーションメニュー)に入れます。

タブをナビゲーションメニューに追加するには、MENUへ移動させます。

タブのページで、移動させたいタブをドラッグ&ドロップでタブをMENUへ移動させます。

MENUへタブを入れます。

MENUへ入れるとハンバーガーメニュー(ナビゲーションメニュー)に表示されます

MENUへ移動すると、画面の左側上部にハンバーガーメニューが表示されます。

MENUに入れたタブがハンバーガーメニューに表示されます。

ハンバーガーメニューをクリックしてみます。

メニューに移動させたタブが表示されます。

他にもタブを追加してみます。

このような感じで、いくつかのタブをメニューに加えることができます。

操作性を向上させるためにも、タブが増えた時はナビゲーションメニューへ移動させるといいです。

むやみに増やしすぎないことも大事です。

動画解説

ハンバーガーメニューの解説は、2:45ぐらいからになります。

今回は、「タブが増えてしまった時の管理方法」を紹介しました。

タブはアプリで重要な役割を果たします。

ハンバーガーメニューを利用して、タブページをうまくコントロールしてください。



そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です