【Glide】初心者におすすめのテンプレート「簡単なタスク管理アプリ」

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここではGlideの使い方「簡単な初心者向けのテンプレート」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

初心者向けのテンプレート

Glideには、いくつかのテンプレートがあり、無料のものから有料のものまであります。

初めてGlideを使用する時は、「何から初めていいか分からない?」ということもあると思います。

そんな時は、まずシンプルなテンプレートを試してみるといいです。

オススメは、Cleaning Checklist(クリーニングチェックリスト) by Glide

ルーティンのチェックリストです。

Cleaning Checklistは、機能がとてもシンプルなので、初めてでも使いやすく、応用もしやすいです。

まず、テンプレートを選択して、Copy templaet(テンプレートをコピー)します。

テンプレートを表示させると、11のタスクリストをチェックできるようになっています。

完了したタスク項目にチェックを入れると、チェックを入れたタスクが完了の所へ入ります。

テンプレートでは、faucet(蛇口)、Stove knob(ストーブノブ)、冷蔵庫の取っ手、食器洗い機のハンドルといったような項目が並んでいます。

こちらのテンプレート書き換えると、オリジナルのタスクチェックリストにすることができます。


テンプレートをコピーすると、まず表示されるのがLayout(レイアウト)画面です。

Cleaning Checklistは、レイアウトのDetailsで表示しています。

Detailsには以下のようなパーツが使用されています。

コンポーネント

  • Rich Text:リッチテキスト
  • Inline List:インラインリスト(Sheet1)
  • Rich Text:リッチテキスト(完了)
  • Inline List:インラインリスト(Sheet1)
  • Button:ボタン

リッチテキスト、インラインリストが2つあり、2つ目はCompleted(完了)をした時に表示されるものです。

チェックを入れると、下にCompleredとして表示されます。

データとスプレッドシート

テンプレートの内容を確認するにはデータ・スプレッドシートで行えます。

左側のData(データ)とEdit sheet(エディトシート)があり、クリックすると表示されます。

データとエディットシートの関係は別記事で解説しています。

⇒ GlideのData(データ)とEdit sheet(エディットシート)の使い方


テンプレートのデータはこのようになっています。

1枚のシートで管理され、上部にはそれぞれの項目があります。

シートの一番上は、項目になります。1から作る時は注意してください。

Cleaning Checklistのテンプレートで使われているのは、Task、Completed、Details、Display Status、Total Tasks、Completed Tasks、Progress Message、remaining Tasks、Display Messageです。

シートには、以下のような情報が入力されています。

  • Task:タスク・仕事
  • Completed:完了
  • Details:詳細
  • Display Status:ステータスの表示
  • Total Tasks:総タスク
  • Completed Tasks:完了したタスク
  • Progress Message:進捗メッセージ
  • remaining Tasks:残りのタクス
  • Display Message:メッセージを表示する


画面上で終わったタスク2つにチェックを入れると、データではこのようになります。

チェックを入れるとDone(完了)になり、チェックが入ります。

連動して完了タスクの数も変化し反映されます。

テンプレートをカスタム

簡単なタスク表を作りたいなら、こちらのテンプレートを書き換えれば簡単に作れます。

シートのタスクの部分を書き換えます(日本語での入力が可能です)

スプレッドシートに日本語で書きこみます。

タスクを7項目にしたので、他の部分は削除しました。

書き込んだら読み込みをして、表示画面を確認します。

7項目を日本語で表示できました。

チェックを入れると完了になり、下に追加されます。

このようにチェックを入れるとCompletedになり、すべてにチェックを入れると「Nice work, you finished all 7 tasks!」と表示されます。

「Nice work, you finished all 7 tasks!」も日本語にしたいときは、DataのFinished Messageを変更します。

上部のFinished Messageにカーソルをあわせると▼マークが表示され編集することができます。

テンプレートの文字を編集します。

注意点として、メッセージにはREPLACEMENT(変換)されているものがあります。

「TOTAL」はTotal Tasksが変換されていて、トータル数を表示するようになっています。

ここでは同じようにTOTALを使用しました。

「## よくできました!あなたはTOTALのタスクを終えました。」

この記入で実際に表示されるのは、「よくできました!あなたは7のタスクを終えました。」となります。

TOTALがタスクの個数に変換されます。

この変換は設定で他の文字にするなど応用が可能です。

画面を表示させてみました。

すべてをチェックするとこのように、よくできましたと表示されます。

タブ設定

タブでは上部の文字を変えれます。

表示名を変更するにはタブのLAYOUT(レイアウト)のLabel(ラベル)の部分で変更ができます。

ここでは、朝のやることリストに変更しました。

タブにはいろいろな機能がありますが、こちらのテンプレートはシンプルなので他に設定はしていません。

タブ設定の詳細はこちらの記事

⇒ GlideのアプリのTAB(タブ)設定をする方法

⇒ タブのシートにユーザーが書き込める設定方法

外観デザインの設定

外観デザイン、カラーを変更できます。

設定のAppearanceから変更が可能です。

カラーは好きなカラーに変更可能。

テーマは6つのパターンがあります。

詳細はこちらの記事を参考にしてください。

⇒ Glideのアプリの外観を変更する方法


App Infoからは、アイコンやタイトルや説明を変更・追加出来ます。

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

プライバシーの設定

個人的に使用するものであれば、パプリックではなく、プライベートで公開します。

必要に応じて変更してください。パスワードは下のパスワードという部分に表示されます。

⇒ Glideのログイン認証の設定

公開するには右上のSHAREをクリックします。

クリックすると、アプリを公開しますか?と聞いてきますので公開する時はPuvlish app(公開する)を選択します。

QRコードとリンクが表示されます。

これでWebアプリが完成です。スマホからも利用できます。

ログインはパスワードを選択している場合はパスワードを入力してログインします。

パスワードは、プライバシーの設定の下に表示されています。

スマホで見てみました。

このようにスマホに表示して、タスクを使用でき、スマホからも編集や追加ができ、カスタムしていけます。


アプリをスマホのホーム画面に追加もできます。

⇒ アプリをスマホのホーム画面への追加する方法【アンドロイド編】

動画解説


今回は、Glideの使い方「簡単な初心者向けのテンプレート」を紹介しました。

ノーコードアプリ開発が初めての場合は、このようなシンプルなものから始めると理解しやすく、操作も慣れてきます。

シンプルなテンプレートで練習してみてください。


ここでは、グライドのシンプルなテンプレートを紹介しました。

そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ オープンデータを使用してアプリ制作

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です