【ノーコードツール Adalo】データベースの仕組みや設定方法

ノーコードでアプリ開発をやってみたいと思ったときにおすすめな「Adalo」です。

Adalo(アダロ)は、簡単にアプリが作れるノンプログラミングツール。

プログラムコードを知らなくてもアプリの製作が可能なツールです。

ここでは、初心者向けに「Adaloのデータベースの仕組みや設定」を紹介します。

Adalo

Adaloは、ノーコードで使えるアプリ開発ツールです。
⇒ https://www.adalo.com/

Adaloを使用するには登録が必要です。

登録方法やエディタ画面は別記事に書いていますので、下記の記事を参考にしてください

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面

AdaloのDatabase(データベース)設定

Database(データベース)には、アプリで使用するデータが入っている場所です。

データベースは、エディタ画面の左サイドバーの上から4つ目です。

データのアイコンをクリックするとデータベースが開きます。

テンプレートを使用する時は、すでにデータベースにデータが入っています。


テンプレートを使用せずに作る場合は、一からフォルダを作りデータを入力していきます。

独学ノーコード
アプリを作成するには、全体像から考える必要があります。

新規アプリを作る時は、どれぐらいの規模のものになるのか?スクリーンシートは、どれくらい作るのか?を最初に考えておく必要があります。


ここでは、分かりやすいようにAdaloのテンプレート Orderingテンプレートを使用して解説します。

Orderingテンプレートのデータベース

Orderingテンプレートのデータベースを開きます。

アプリは、データを格納しなければいけません。その格納庫がデータベースです。

アプリで使用するデータはデータベースにあります。


今回使用するOrderingテンプレートのデータベースを見てみます。

オーダーができるアプリでメニューやフードアイテム、注文に関するデータがコレクションされています。

全部で5つのコレクションがあります。

使用されているのは、以下のシートです。

  • Users(ユーザー)
  • Menu items(メニューアイテム)
  • Food Trucks(フードトラック)
  • Order Items(オーダアイテム)
  • Orders(オーダー)


下の+ADD COLLECTIONでは、コレクションの追加ができます。

追加する時は、何のデータを表示するかを決めて名前を付けます。

独学ノーコード
コレクションは格納するデータにあわせて名前をつけます。一番上のUsersはユーザーデータです。

Usersは、ユーザーに関するデーターが入っています。ユーザーデータは別記事を参考にしてください。
⇒ ユーザーデータ


横に表示されているRecord(レコード)は、データ内にあるレコードの数です。

レコード(record)は、記録、登録といった意味があり、記録されたデータがあります。

ここでは例として、データベースのMenu itemsを確認してみます。

Menu itemsをクリックすると開きます。

Menu itemsには以下のデータが格納されています。

  • Name(ネーム)
  • Food Truck(フードトラック)
  • Description(ディスクリプション)
  • Price(プライス)
  • Food(フード)
  • Drink(ドリンク)
  • Oder items(オーダーアイテム)


それぞれの項目にデータが入ります。データは、カテゴリーに分けて入力します。

下の+ADD PROPERTYでは、プロパティの追加ができます。

プロパティを追加する時は、何のデータを表示するかを決めて名前を付けます。


データを確認するには、右の3つ並んだ点をクリックします。

クリックすると詳細が開きます。

【詳細データ】

  • View/Edit Records(レコードの表示/編集)
  • Edit Name(名前の編集)
  • API Documentation(APIドキュメント)
  • Delete Collection(コレクションを削除)


View/Edit Recordsで、データを確認でき、View/Edit Recordsを開くとデータが見れます。

現在、書き込まれているデータが表示されます。

プレビューをすると、このデータが反映されて、アプリ上で表示されます。


データの追加は、上部の+ ADD MENU ITEMから行えます。

画像がある場合は、画像もここに表示されます。

アップロードした画像も小さく表示されています。

データベースには、このような感じでデータが格納されています。これらのデータをつなぎあわせて、アプリで使用します。

組みあわせ、リレーションについては別記事で紹介します。


ここでは、Orderingテンプレートのデータベースをチェックしました。

一からアプリを作る時は、データベースを自分で作成していきます。

アプリ作成時は、全体図をイメージして、データベースの枠組みを考える必要があります。

独学ノーコード
データベース一から作る時は、最初にどのようなデータを使うかを書き出します。アプリ作成前に書き出しておくといいです。

事前に全体像を用意してください。全体像がないとアプリ制作は難航します。

まとめ

一からアプリを作る時は、どんなデータが必要なのかを最初に考えてください。

アプリのデータはデータベースに格納され、アプリに必要なデータをデータベースに入力します。

今回のようなオーダーアプリなら、フード名、フード画像、ドリンク名、ドリンク画像、プライス、オーダーデータ、日時・時間、説明文、ユーザーデータなどが必要になります。

まずは何が必要かを書き出して、イメージ図を作成してください。

独学ノーコード
初めての場合は、デフォルトのテンプレートをチェックして、どのような項目を作ればいいのかを考えるといいです。

今回は、「Adaloのデータベースの仕組みや設定」を紹介しました。

ノーコードツールのAdaloを使用する時の参考になればと思います。

⇒ Adaloの登録方法
⇒ Adaloのエディタ画面
⇒ コンポーネントとスクリーンの追加設定
⇒ Adaloのナビゲーションコンポーネント
⇒ YouTubeを表示するコンポーネント

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です