GlideのRollup(ロールアップ)カラムの使い方【列の計算方法】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、「GlideのRollupカラム」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

GlideのRollup

Glideには、ロールアップカラムがあります。

ロールアップカラムは、列全体または関係を計算します。

ロールアップは、選択した列やデータに基づいて、さまざまな計算を行えます。

ロールアップカラムを追加するには、Dataの右上のカラムを追加+をクリックします。

Label:ラベル名を変更できます。

Column Typeは、Rollup(ロールアップ)を選択。

次にConfigurationを選択します。

Configuration(構成)では、使用するシートを選択します。

ここでは既存のシート1を選択。


その下では、計算内容を選べます。

  • Count:カウント
  • Count unique:一意の値の個数をカウント
  • Sum:足し算
  • Average:平均
  • Minimum:最小
  • Maximum:最大
  • Range:範囲

計算方法は、選択するシートによって異なります。

Rollupカラムの使用例

ロールアップカラムは色々な使い方ができます。

ここでは、タスクの数を表示します。

タスクの個数を数えて、トータルタスクに表示します。

configuration(構成)では、Task(タスク)を選択。

Count(カウント)を選択します。

このようにすると、タスクの数を表示できます。タスクを増やせば数が変化します。

Rollupカラムの応用編

ここでは、Booleanの数を表示します。

(Booleanでチェックを入れた数を表示します。)

Booleanでチェックを入れて、チェックがついた数をロールアップカラムを使用して表示。

チェック自体を表示することはできないので、チェックが入った時にDoneと表示し、その数を表示します。

DoneはCompletedと連動し、Display StatusのDone!の数を表示します。

If → Then → Elseを使用して表示しています。

シートはDisplay Status(If → Then → Else)を選択。

数を数えるのでCount(カウント)を選択します。

Completed(チェック済)のみをカウントすることができます。

チェックを入れると、数字が変化します。

この数字をさらに組み合わせて使用することもできます。

ここではMathを使用して、トータルからCompletdを引き算をして、何個が残っているかを表示しました。

このように複合的に組み合わせることも可能です。


今回は、「GlideのRollup(ロールアップ)カラム」を紹介しました。

アプリ制作の参考になればと思います。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です