【Glide】フォームボタンを追加する方法【ノーコードアプリ開発】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここでは、「Glideアプリでフォームボタンを追加する方法」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

フォームボタンを追加する

Glideアプリでは、フォームボタン(Form Button)を表示することができます。

フォームボタンは、Components(コンポーネント)のButtonsの中にButtonがあります。

Buttonには、いくつか種類がありますが、ここではフォームボタンを使用します。

フォームボタンを使用すれば、手軽に情報を入力することができます。

ここでは、フォームボタンの使用例を紹介しますので、アプリ作りのアイディアの一つにしてください。

以前作成した料理日記のアプリに、作った料理のデータや内容を追加するためにフォームボタンを追加したページを作成してみます。

まず、新しいタブを作成します。

タブシートの名前は、「料理を追加」にしました。

Labelを料理を追加に変更。

レイアウトスタイルは、Detailsを選択します。

右上の青い追加+ボタンをクリックして、Form Buttonを探して追加します。

Form Buttonをクリックすると、右側にフォームボタンが追加されます。

右側のForm Buttonをクリックして、詳細設定を行います。

フォームボタンのタイトルと表示設定を変えれます。

タイトルを料理を追加に変更。

下のShow asでは、ボタンのデザインを変更できます。


次に、ボタンをクリックします。

ボタンを押した時、フォームの内容を記入するシートを選択します。

下にシートの内容をもとにコンポーネント・シートが自動で作成されます。項目と記入するシートに問題ないかを確認します。

以上でフォームボタンの設定終了です。


最後に、ページ全体を調整します。

COMPONENTSを確認して、表示するパーツを選択します。

いらないパーツは×ボタンで削除できます。

ここでは、画像とテキストとフォームボタンにしました。

このようなシンプルなフォームボタン付きのページを作成できました。


入力してボタンから送信したデータは、スプレッドシートに書かれます。

送信された内容はシートに記載され、アプリに反映されます。

ここでは、料理アプリで作った料理を追加するフォームボタンでしたが、他にも応用できますので、アプリに合わせて内容を変更してください。

動画解説


今回は、「Glideアプリでフォームボタンを追加する方法」を紹介しました。

アプリ作成時の参考になればと思います。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です