Glideで投票アプリは作れる?【ノーコードアプリ開発】

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れます。

ここでは、「Glideで投票アプリが作れるのか?」を紹介します。

Glideって何?

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

Glideでクリックを数えたい

Gildeで画像をいくつか並べてボタンを表示して、そのクリック数を表示したいと思いました。

どれが人気なのかかが分かる投票アプリみたいなものを作成しようと思いました。

例えば、フェイスブックのグッドボタンやインスタグラムのいいねのように、何人がクリックしたのか?という感じで。

Glideにはオーバレイでお気にり(ハートマークボタン)をつけれるので、画像を並べて、いいものに投票して、その数を表示したいと考えました。

いろいろ試してみましたが、現在、Glideでは、この表示はできないようです。

クリック数だけでも分からないかと、関数やロールアップなどを組み合わせて考えてみましたが無理でした。

グライドで直接クリックを数える機能は実装されていません
(2020年11月時点です。今後追加されるかもしれません。)


もし、できるとしたら、ログイン制にして、誰がクリックしたかを表示させて、シートでデータを集計することはできそうです。

(複数人が同時にログインをするようにするには、有料プランにする必要がありそうです)

今回、オープンな投票アプリを作りたいと考えましたが、Glideではできませんでした。

Glideでカウントする方法

クリックをカウントする方法は、グーグルアナリティクスを使用してカウントをする方法があります。

この場合は、前提として、ボタンが「画面へのリンク」である時です。ボタンのクリックを追跡できます。

そのため、今回のケースでは利用できません。

また、Glideでグーグルアナリティクスを使用するにはPro(有料)プランにする必要があります。

⇒ 無料プランと有料プランの違い


ノーコードでアプリを作成するときは、どこまでができるのかを見極める必要がありそうです。

ノーコードツールにもいろいろな種類があるのでどのツールを使用するのかも重要。


場合によっては、ノーコードではお手あげということもあるので注意が必要です。

ただ、今後ノーコードツールもさらに進化していきそうなのでできることは増えそうです。


そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です