【Glide】購入ボタン、ショッピングカートの設定と手数料

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここではGlideの使い方「ショッピングカートの使い方」を紹介します。

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

ショッピングカートの実装

Glideでは、カートにアイテムを追加して、決済をすることができます。

購入ボタンを表示させて、ショッピングカートに商品を追加することも可能。

Buttonの中には、Buy Button(購入ボタン)があります。


Glideには、購入ボタンが実装されている有料テンプレートや無料テンプレートがあります。

例えば「Simple Store」という無料のテンプレートがあります。

このようにAdd to cart(カートに追加)があります。

Glideの購入ボタン、ショッピングカートは、Stripe(ストライプ)のサービスを使用しています。

Stripeでは、それぞれの国の通過で取引することが可能です。

Glideのショッピングカート、購入ボタン(カートに追加)は設定が必要です。

Buy buttonをクリックすると設定ができます。

クリックするとStripeの設定になります。

Stripeの登録が必要となります。

Stripeアカウントを持っていない方は登録が必要です。

⇒ Stripeのアカウントの登録方法


購入ボタンを使用するには、GlideとStripeの連結が必要です。

Stripeのアカウント登録が必要になります。

ストライプ料金の取引手数料とは別にGlideから2%が請求されます。

Stripeの手数料 3.6%です。※今後変更の可能性があります。

無料(Personal)の場合は、取引手数料とは別にGlideから10%が請求されます。

<Glideの手数料>

  • Pro(月24$):2%
  • Basic(月9$):5%
  • Personal(無料):10%


Stripeではサービスの利用制限がありますので規約の確認をしてください。

クレジット、ファイナンス商品、バーチャル通貨、電子マネー、知的財産権、知的所有権の損害など制限があります。

詳細はstripeのサイトで確認してください。

⇒ https://stripe.com/jp/restricted-businesses

売り上げ情報などはスプレッドシートのシートに追加され、App:Purchaesesというシートが追加されます。

購入ボタン、ショッピングカートを使用するには、GlideとStripeの連結が必要です。

⇒ Stripeのアカウントの登録方法


ここでは、Glideのショッピングカート、購入ボタンを紹介しました。

そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です