【Glide】タブのシートにユーザーが書き込める設定方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

最近、注目を浴びているノーコード。

簡単にアプリが作れる人気のノーコードツールGlideなら、プログラミングなしでアプリが作れると言われています。

ここでは、Glideのアプリの「タブのシートにユーザーが書き込める方法」を紹介します。

目次

Glide

Glide(グライド)は、ノーコードツールで、Googleのスプレッドシートを用いて、アプリを作成できるサービスです。

クリックアンドドラッグで操作ができ、テンプレートやスプレッドシートとの連携が容易にできるためプログラミングは必要ありません。


プログラムコードの入力をせずに画面を操作してアプリが作成が可能で、簡単にアプリを作成することができる人気ツール。

Glideは、無料で登録して使用することができます。⇒ Glideの登録

タブにユーザーが書き込める設定

タブのページにユーザーが情報を追加・変更できるやり方です。

こちらの設定を行うと、ユーザーがアプリのタブ内に情報を入力できます。


まず、Tabsを開き、タブページの上部の右にあるADDをクリック。

クリックすると「Allow users to add items」が表示されるのでチェックを入れます。

四角いボックスにチェックを入れると、少し時間を置いてページが表示されます。

「Allow users to add items」の下に、COMPONENTS(コンポーネント)が表示されます。

グライドがシートの列に基づいて、コンポーネントを自動的に追加してくれます。

必要に応じて、入力した時に、書き込まれるシートを選択・変更します。


これで、ユーザーがリストのアイテムを追加することができます。

反映されるのは現在のタブページのみです。全てのタブページではありません。

タブの追加方法や設定は別記事で解説しています。

⇒ タブの設定方法

タブへの情報を追加する方法

情報を追加するには、それぞれの項目を入力します。

入力をしたら、最後に右上の追加をクリックします。

追加をクリックするとglideのスプレッドシート、Dataに反映されます。


Dataを確認してみました。

このように先ほど入力した社長の項目が追加されています。

PCのPlayモードで試していますが、実際にスマホで入力しても同じように反映されます。

動画解説

今回は、タブページをユーザーが編集できる方法を解説しました。

そのほかのGlideの記事はこちら。

⇒ Glideの使い方【アプリダッシュボード】アプリ作成手順

⇒ ノーコードGlide【Googleのスプレッドシートを使用したアプリ作成編】

⇒ Glideの外観変更

⇒ Glideのログイン認証設定

⇒ GlideのアプリのTAB設定

⇒ Glideのアプリのアイコン変更とアプリ情報入力方法

⇒ GlideのChatの設定

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です